羅針盤 隠された秘密

【穢れなき欺き】全文翻訳ナバロ・レポート:激戦6州における2020アメリカ大統領選挙不正の重要側面(148個の不正根拠リンク付ソースの集約)

★☆★ 私”アイレカティ”の”ナバロレポート”はWindows標準検索エンジンMicrosoft Bingでは検閲によりヒットしません(12/25から) ★☆★
☆★☆ GOOGLE や DuckDuckGO と比較してみてください。(※Noteにあげたナバロレポートもヒットしません。参考になりました)★☆★

<<Noteにあげている【穢れなき欺き】ナバロレポート>>
【保存版:穢れなき欺き】ナバロ・レポート36ページ高精度翻訳:激戦6州における2020アメリカ大統領選挙不正の重要側面(148個の不正根拠の集約)|アイレカティ|note

ちなみにビル・ゲイツ氏は今年の4月(か詳しくは忘れましたが)トランプ大統領が拠出金停止したWHOのことで激怒して以来怒って会っていなないそうです。それがBingのナバロレポート検閲の理由かと。では本題のナヴァロレポートの話をしましょう。

目次の最後に”エンドノート”という項目があります。そこにある膨大なハイパーリンクの数を見てみてください。そこにこのナバロレポートの引用元となる148か所の有力な不正選挙の情報ソースがあります。
宣誓供述書など膨大な数のリンクは、勇気あるアメリカ人の民主国家維持に奮闘する覚悟の結晶でもあります。
読み進めると日本のニュースにおいても長きにわたり影響を与え続けた米主要メディア

(MSM/mainstream media)そして、それに資金を投入しつづけたスポンサーの正体も今明らかになりクリアになります。
この報告書は永久保存版になると思い、土日2日間、丸々専門用語翻訳+HP成形作業に費やしました。

今後のニュースを正しく読み解くヒントにもなります。どうか真実を伝えたい人に教えてあげてください。

米中摩擦で始まった2020年はトランプ大統領の対中ブレインであり有名な経済学者であるピーター・ナバロ(Peter Navarro)氏(ホワイトハウス貿易顧問・大統領補佐官)が進言してきたものです。
そのピーター・ナバロ氏が12月17日(木)に発表した”ナバロ・レポート[穢れなき欺き]”は「アリゾナ/ジョージア/ミシガン/ネバダ/ペンシルベニア/ウィスコンシン」の激戦6州における”重大な不正選挙まとめ”的なもので、非常に客観性が高い報告としてニューヨークポスト紙でも報じられました。(https://nypost.com/2020/12/16/not-so-looney-look-at-2020-election-results-devine/)トランプ大統領も大絶賛でツイッターでも度々発信されています。

36ページわたるレポート全文
11月25日から始まった衝撃のパウエル弁護士「クラーケン」を皮切りに私たちはありとあらゆる不正を目の当たりにしてきました。ジョージア州フルトン郡防犯カメラ動画では怪しいトランクから大量の票がでてきて2時間ひたすらスキャン、か~ら~の~”10万票バイデンジャンプ”(11/4)くりくりパーマのRubyFreemanさんは一躍有名人に。そしてミシガンでも”バイデンジャンプ”(11/7)。 流行語大賞はまちがいなく「バイデンジャンプ」だと思っていました。とにかく148の膨大な確証の高い情報ソースを集約したのがナバロ・レポートです。トランプ大統領もクリスマス小休止モードなので、これが1月6日の連邦合同議会までの総決算になると思います。次のキーマンはペンス副大統領ですが(ペンス副大統領といえば10年前当時はジャパンハンドラーの親玉、ネオコンの申し子存在でしたが、1/6は司法取引に応じたので異議を承認するだろうという情報があります。フリン将軍だってDSだったんですからね。1/3アイレカティ追記)それまでにどれだけ世論が背中を押せるかがカギだとおもいます。ペンス副大統領は若く、当然次期大統領の最有力候補ですから、8000万票を敵に回しても良い人生を送れないことは理解できますよね。選挙結果を覆すような証拠は、いまや世論喚起のためためであり、ネットではしばしば”戒厳令”を熱望する論調も見受けられますが、感心しません。トランプ大統領やトランプ弁護団のツイート見てますか?そういった強権的な発言(軍隊を動かす等の)はしていない以上、トランプ大統領を支持するのであれば、扇ぐべきではないです。大統領令を出すために必要だったラトクリフ情報長官の”外国勢力(イラン・中国・ロシア等)からの選挙介入”レポートは見送りになりましたが、ラトクリフ氏も闇の勢力に屈したとかではなく、外国勢力の選挙介入レポートがでれば一気に大統領令発令に焦点がしぼられ、結果分断がおきるので、その技は使わないというトランプ大統領の神判断だと思います。1/5の上院投票までに冷静に世論喚起を行い、日本もふくめ不正選挙の実態への声を理論整然とあげていこうではありませんか。(※ただし今回不正を憎みトランプ大統領を応援している僕を含めた方々は、次は2024年は日本にネオコン・ペンス大統領の可能性という民主党・共和党の八方塞が待ち受けていることは知っておかねばなりません。)

ナバロ・レポートには、50件の訴訟と司法判決、数千件の宣誓供述書と宣言、および州の公聴会からの証言に含まれる、不正投票や投票の不正処理から統計上の異常まで、激戦州での申し立てを照合した結果が示されています見出しをクリックすればみれるように目次を工夫しています。目次をご覧にあれば、これまでの不正選挙の内容がこの上なくなとまっていることがお分かりかとおもいます。そして何度も投稿で取り上げてきた、ドミニオン投票機については

『ドミニオン社が製造した投票機を装備するために
ウゴ・チャベス / ジョージ・ソロス / ヒラリー・クリントン(ちなみにハイレカティは独自アルゴリズムで当時クリントンメール全て入手しています)
そして多くの共産主義者が関わっている、ドミニオンのマシンで使用されているSmartmaticソフトウェアは、影のアンチトランプのグローバル主義者金融家ジョージ・ソロスと関係があると言われている』
と、パウエル弁護士の話に言及もしています。

では日本はどのようにとらえたらよいのか??
この不正選挙の真実を把握されてる唯一の政治家がいます。QUADの連携強化、ドイツ軍への連携強化へ合同演習への積極的呼びかけ「日本・アメリカ・東南アジア諸国・オーストラリア・インド・台湾」と日夜電話会談で環太平洋包囲網を構築している岸信夫防衛大臣です。トランプ大統領がもし再選したら、真っ先に時期首相候補と賞賛するでしょう。日本のメディアはまだ気が付いていないように思われますが、岸大臣は今年最後の政経セミナーで門田隆将氏を招いており、賢明な分析、当然不正選挙の情報も正しく把握していると思います。大臣の対中姿勢の成果については前回の投稿をご覧になってください。岸大臣は台湾の民主化の危機に対しても危惧されており、兄である安倍首相とは対照的な民主的で温厚かつ強い政治信条を持つ理想のリーダーであります。QUAD強化にはすでに進めいます。宮古、石垣、与那国の自衛隊島嶼防衛が進んだ今となっては、辺野古新基地建設は必須ではありません。何故か?それは国防のためではなく、自衛隊へのけん制が目的だからです。後述するクリングナー論文を読みましょう。そして「SENKAKU NO Problem」尖閣問題はありません。誰の入れ知恵だか知ってますか?今でこそ中国脅威論は現実のものとなってしまいましたが、トランプ大統領登場前、当時は米中が結託して日本を陥れようとしていました。日本人はルーズベルト大統領が画策した真珠湾攻撃詐欺の二の舞になることろでした。ことの発端は石原都知事が2012年4月16日に米国のシンクタンク「ヘリテージ財団」(共和党議長ミッチマコーネルの妻・エレーンチャオ氏の父ジェームスチャオ(江沢民元国家主席と上海交通大学で同級生)出資)での講演で東京都による尖閣諸島購入計画を発表したからですが、石原氏は米中が描いたシナリオに乗っかって日中紛争を引き起こす要因を作らされていたのです。まずは有名な「クリングナー論文」を一読ください。どれだけ日本がコントロールされているかを振り返ることができます。当時は日中衝突を仕掛けられていました。それを見破ることができるのは当時を知る岸防衛大臣だけなのです。尖閣を再度棚上げし、日本の防衛戦略として台湾の軍事後方支援を表明してくれることを望みます。最後に念のため中共を擁護してると誤解されないために強烈な中共ジェノサイドの実態を知る以前の投稿記事を張っておきます。長い前書きになってしまいましたが流れを知らないとミスリードにつながるので書かせていただきました。
(沖縄映像文化研究所 アイレカティ)

<原文リンク>
The-Immaculate-Deception-12.15.20-1.pdf (bannonswarroom.com)

T H E I M M A C U L A T E D E C E P T I O N:
Six Key Dimensions of Election Irregularities選挙の不正の6つの重要な側面

The Navarro Report ナバロレポート

  1. エグゼクティブサマリー(Executive Summary)
  2. I. はじめに(Introduction)
  3. II. 6つの激戦州における選挙違反の6つの側面
  4. III.有権者の不正行為(Outright Voter Fraud)
    1. 偽の投票用紙製造と合法的に鋳造された本物の投票用紙の破棄
    2. 無期限に拘束された有権者による虐待(Indefinitely Confined Voter Abuses)
    3. 不適格な有権者と複数州で投票した有権者(Ineligible Voters and Voters Who Voted in Multiple States)
    4. 死票者と幽霊投票者(Dead Voters and Ghost Voters)
    5. 吹き出しを複数回カウントします(Counting Ballots Multiple Times)
  5. IV. 投票操作(Ballot Mishandling)
    1. 投票者IDチェックなしです(No Voter I.D. Check)
    2. シグニチャ照合の不正(Signature Matching Abuses)
    3. 「裸のバルーン」外封筒がありません(“Naked Ballots” Lacking Outer Envelope)
    4. 破損した保管チェーンおよび無許可の投票処理または移動(Broken Chain of Custody & Unauthorized Ballot Handling or Movements)
    5. ポストマークなしで受け入れられるバルーンと、バルーンのバックデート(Ballots Accepted Without Postmarks and Backdating of Ballots)
  6. V. 競合可能なプロセスの欠陥
    1. 傍聴人・傍聴人の虐待(Abuses of Poll Watchers and Observers)
    2. 郵送による投票と不在者投票のルールは州法に反して違反(Mail-In Ballot and Absentee Ballot Rules Violated Contrary to State Law)
    3. 適切に登録されていない有権者に投票権(Voters Not Properly Registered Allowed to Vote)
    4. 投票所の職員や有権者が法律に反して直した投票(Ballots Cured by Poll Workers or Voters Contrary to Law)
  7. VI. 保護条項の均等違反(Equal Protection Clause Violations)
    1. 個人投票者に適用される認証およびID検証のより高い基準(Higher Standards of Certification & I.D. Verification Applied to In-Person Voters)
    2. 異なるロット硬化基準(Different Standards of Ballot Curing)
    3. 微分およびPartisanポールウォッチャー処理(Differential and Partisan Poll Watcher Treatment)
  8. VII.2020選挙投票機の不備(2020 Election Voting Machine Irregularities)
    1. 大規模な議決権行使機の誤り
    2. 不可解な票の交換と投票がバイデン氏に有利に(Inexplicable Vote Switching and Vote Surges In Favor of Biden)
  9. VIII.六戦地諸州の統計的異常(Statistical Anomalies in the Six Battleground States)
    1. 投票率が高すぎる(100%を超える場合)(Excessively High Voter Turnout (at times exceeding 100%)
    2. 党登録と歴史的パターンに基づく統計的にあり得ない投票総数(Statistically Improbable Vote Totals Based on Party Registration and Historical Patterns)
    3. 異例の投票率上昇(Unusual Vote Surges)
  10. IX. 州ごとの分析と立法・司法部門の失敗のシグナル(A State-By-State Analysis and Signal Failure of Our Legislative and Judicial Branches)
  11. 総括所見(Concluding Observations)
  12. エンドノート(ENDNOTES)

エグゼクティブサマリー(Executive Summary)


本報告書は、2020年の大統領選挙の公正さと公正さを、主要な激戦州における選挙不正疑惑の六つの側面から評価します。この評価を実施するために使用された証拠には、50件を超える訴訟および司法裁定、数千件に及ぶ宣誓供述書および宣言書(1)、さまざまな州内の会場での証言、シンクタンクや法務センターによる公表された分析、ビデオや写真、パブリックコメント、広範な報道が含まれます。

下記のマトリックスは、6つの激戦州すべてと、選挙不正の6つの側面すべてで、重大な不法行為が発生したことを示しています。この発見は、選挙がドナルド・J・トランプ大統領から盗まれた可能性があるという主張に信憑性を与えます。

この報告書の調査結果から、Trump-Pence組に対して選挙デッキを効果的に積み重ねるための統合的な戦略があったことを推測することができます。実際、観察された選挙不正のパターンは、六つの激戦州で非常に一貫しており、彼らは、選挙を完全に盗んでいない場合でも“stuff the ballot box”(投票箱に詰める)ように選挙プロセスを戦略的に操作し、Biden-Harris組を有利にするように、不公正に競争の場を傾斜させるための統合戦略を提案しています。本報告書の結論は以下の通りです。

  • · 証拠の重要性と不正行為のパターンに対して、詐欺や不正不法行為に「証拠がありません」があると主張することは誰にとっても無責任です。
  • · 特定された選挙不正のために問題となっている投票は、これらの投票の比較的小さな部分でさえも違法と判断されれば、結果をトランプ大統領に有利にするのに十分です。
  • · 6つの激戦州すべてが、選挙不正の6つの側面のほとんど、あるいはすべてを示しています。しかし、それぞれの州には、「最も重要な」と見なされる問題が固有に混在しています。言い換えれば、すべての激戦州は、同一または類似の選挙不正によって特徴づけられます。しかし、トルストイの『アンナカレーニナ』のように、激戦州はそれぞれ選挙の不正の仕方が異なります。
  • · これは六つの次元と六つの激戦州にまたがる千回の選挙違反による窃盗であって、一つの「特効薬」選挙違反によるものではありませんでした。
  • · 合法的な苦情の増加を調査することを拒否する中で、反トランプメディアとソーシャルメディアの検閲は、アメリカ国民を真実から守るために共謀しています。これはメディアの信頼性と政治体制と共和国の安定を同時に損なう危険なゲームです。
  • · バイデン・ホワイトウォッシュ(うわべの漆喰塗り)となった大統領選に参加しているジャーナリスト、評論家、政治指導者たちは、選挙における不正の六つの側面を認め、2020年の選挙の真実を明らかにするために適切な調査を行うべきです。大統領就任式の日までにこれが行われなければ、米国国民の大部分の支持を欠いた非合法で非合法な大統領を権力の座につける危険があります。
  • · この報告書で評価された選挙不正の6つの側面を積極的かつ完全に調査しなかったことは、反トランプの主流メディアとソーシャルメディアの検閲だけでなく、立法と司法の両部門の信号の失敗です。
    • 激戦6つの州のうち5つ、アリゾナ、ジョージア、ミシガン、ペンシルベニア、ウィスコンシンの州議会の上下両院で、アリゾナ州とジョージア州の共和党知事と共和党の多数派がともに(2)この報告書で提示された選挙不正の6つの側面を調査する権限と機会の両方を持っていました。しかし、激しい政治的圧力の下で挫折したこれらの政治家たちは、憲法上の義務と責任を果たせず、その結果、国家と国家、そして政党の両方に失敗しました。
    • 州裁判所も連邦裁判所も、最高裁判所を含む連邦裁判所も、米国民が自らの目の前で起きた選挙違反に対して適切な判決を下すことを拒否したことはありません。彼らの失敗はアメリカ共和国に大きな危険をもたらします。
  • · もしこれらの不正選挙が大統領就任式前に十分に調査されず、それによって事実上放置されるならば、この国は再び公正な大統領選挙を行うことができなくなるという非常に現実的な危険を冒すことになります。1月5日にジョージア州で行われる上院の無投票選挙戦が、この差し迫った危険の最初のテストケースとなります。

3

I. はじめに(Introduction)


投票日の真夜中、ドナルド・J・トランプ大統領は2期目を勝ち取る勢いで現れました。彼はすでにフロリダとオハイオの両チームを制する鍵となっていました;また、オハイオ州で勝利せずに大統領選に勝利した共和党議員は一人もいないし、フロリダ州で勝利せずに大統領選に勝利した民主党議員は二人しかいません。(3)
同時に、トランプペンスのチケットは、ジョージア州、ペンシルベニア州、ミシガン州、ウィスコンシン州で、かなりの、そして克服できそうにないリードを持っていました。もしこのリードが実現すれば、激戦の地となったこれら四州は、トランプ大統領を選挙人団での294対244の決定的勝利へと駆り立てることになるでしょう。
しかし、真夜中を過ぎた頃、郵便物や不在者投票が殺到し始め、トランプの勝利の赤潮がジョー・バイデンを青くさせ始めました。これらの郵送票と不在者投票が集計されたとき、Pはジョージア、ペンシルバニア、ミッチにおける住民の大きなリードとウィスコンシンは、バイデンの薄いリードに消えました。
11月3日深夜、表1に示すように、ウィスコンシン州ではトランプ大統領が11万票以上、ミシガン州では29万票以上リードしました。ジョージアでは、彼のリードはなんと356, 945でした;ペンシルベニア州では50万票以上差をつけてリードしました。しかし、12月7日までに、このトランプのリードは、かみそりのように薄いバイデンのリードに変わるだろう-ジョージア州で11, 779票、ウィスコンシン州で20, 682票、ペンシルベニア州で81, 660票、ミシガン州で154, 188票。
表1:トランプの赤潮がバイデンブルーに
アリゾナとネバダでも同じように興味深い話が展開されていました。選挙の夜、ジョー・バイデンはこれら


Table 1: A Trump Red Tide Turns Biden Blue

二つの追加の激戦州でリードしていたが、ネバダでは3万票強、アリゾナでは15万票にも満たない差で、トランプ・キャンペーンの内部調査はすべての票が集計された後、大統領がこれらの差を埋めるだろうと予測しました。もちろん、これは決して起こりませんでした。
トランプ氏の財産がこのように驚くほど逆転したことを受けて、米国で最も神聖な機関の一つであるトランプ氏の公正さと清廉さを巡って国家的な騒動が起きた私たちの大統領選挙制度私たちの大統領選挙制度。右派や共和党内部の批判者たちは、トランプ大統領自身も含めて、選挙が盗まれたと非難している。彼らは、50以上の訴訟で、これらの忌まわしい容疑を裏付けている、(4)、何千もの裏付けとなる宣誓供述書と宣言書、およびあらゆる種類のいんちき行為についての一見不利なビデオ、写真、直接の証言。(5)

4

一方、左派や民主党内の批判者たちは、これらの非難を、泣き虫の負け犬の負け犬として退けています。これらの批判者の中には、詐欺、不正行為、違法行為を完全に否定する者もいます。一部の選挙不正は存在したかもしれないが、これらの不正は選挙を覆すほど重大ではないと強く主張する者もいます。
いわゆる 「主流」 メディアの反トランプ陣営の大規模なセグメントと、それに代わる保守派の報道機関の間でも、同様のバトル・ロワイヤル (Battle Royale) が起こっています。ニューヨークタイムズやワシントン・ポストのような最も有名な出版物やCNNやMSNBCのようなケーブルテレビネットワークを含む反トランプの主流メディアの海外離散の間で、声の大きなコーラスはトランプ大統領が選挙を譲ることを要求してきました。
このような反トランプの声は、アメリカ史上最大の政治スキャンダルになるかもしれないものをあえて調査しようとする誰、特に自分の仲間の誰に対しても、同じように素早く非難したり、信用を傷つけたりしています。Facebook、Twitter、YouTubeなどのソーシャルメディアも同様に、選挙結果に疑問を投げかけるような人を積極的かつ容赦なく検閲しています。
これとは対照的に、米国の保守的な動きを主とするオルタナティブな報道機関は、詐欺、不正行為、その他の不正行為が明るみに出ている多くの問題について、広範かつ詳細な報道を行っています。Steve Bannon’s War Room Pandemic (6) John Solomon’s Just the News (7) Raheem Kassam’s National Pulse (8) Newsmax(9)そしてOne America News Networkなど、事実と画期的な出来事を渇望するアメリカ人10人は、この代替的な報道に従うことによってのみ、こうした重要な情報を見つけることができました。
アメリカ国民が民主党や反トランプのメディアやソーシャルメディアが売っているものを買わないことは、世論調査で明らかです。例えば、最近のラスムセンの世論調査によると、「共和党員の62% (62%)が 「民主党が選挙を盗んだ可能性が高い」 と答えました。」と答えたのは無党派の28%、民主党の17%でした。(11)
もし実際に、既成事実であるバイデン氏の就任式の後に、大統領選が実際に不正に行われたことを証明する有力な証拠が明るみに出た場合、米国の偉大な同盟のまさに中心部が保持できないという、非常に現実的なリスクを国家として冒すことになるのです。
別の言い方をすれば、もし世界史上最も偉大な民主主義が自由で公正な選挙を実施できず、この国の主流メディアの多くが選挙結果に疑問を投げかける証拠の山となっているものを十分に調査さえしないならば、私たちの民主主義とこの共和国が、私たちが知っているように生き残る可能性はほとんどありません。したがって、私たちがこの問題の真相を究明することが重要です。それがこの報告書の目的です。

5

II. 6つの激戦州における選挙違反の6つの側面


この報告書は、民主党のジョー・バイデン候補が僅差でリードしている主要激戦州六州における2020年大統領選挙の公正さと誠実さを評価しており、その結果は引き続き激しい論争の的となっています。広範な巻末注で文書化されているように、この評価を実施するために使用された証拠には、50件を超える訴訟と司法裁定、数千件に及ぶ宣誓供述書と宣言書、さまざまな州の場での証言、シンクタンクや法務センターによる公表された報告書と分析、ビデオと写真、パブリックコメントと直接の証言、広範な報道が含まれます。
この証拠のレビューと分析から、6つの主要激戦州 (アリゾナ州、ジョージア州、ミシガン州、ネバダ州、ペンシルベニア州、ウィスコンシン州) で、不正選挙疑惑の6つの主要な側面が州ごとに特定され、評価されました。これらの6つの次元には、完全な投票者不正、投票のミスハンドリング、異議を唱えることができるプロセスのファウル、保護条項の平等違反、投票装置の不正、および重大な統計的異常が含まれます。
表2のマトリックスは、6つの激戦州それぞれにおける選挙不正疑惑の6つの次元のそれぞれの有無の概要を示しています。コラム1は、バイデン副大統領の当選可能性と不正選挙による不法投票の可能性とともに、6つの次元を列挙しています。次に、マトリックスの列2から7は、任意の状態における選挙不正の有無を示します。
マトリックスセル内のチェックマークは、特定の次元の選挙不正について所定の状態に広範な証拠があることを示し、星印は少なくとも何らかの証拠があることを示していることに注意されたい。
表2:バトルグラウンド六州における2020件の選挙不正疑惑

Table 2: 2020 Alleged Election Irregularities across the Six Battleground States
6

マトリックスから2つの重要なポイントがすぐにわかります。第一に、重大な不正行為が6つの激戦州のいたるところで見られます。アリゾナ州だけは、明らかに広範囲に及ぶ投票の誤操作がなかったが、ペンシルベニア州だけは、統計的に有意な例外がありませんでした。表2のマトリックスの残りの部分は、チェックマークの海で、時折星があります。
第2に、7欄のバイデン副大統領の勝利の可能性と8欄の違法投票の可能性を比較すると、違法投票の可能性のある数は、6つの州のうち5つの州でバイデン副大統領の勝利の可能性がある数よりも少ないことが明らかです。
例えば、ネバダ州でのバイデン氏の得票差は33, 596票だが、問題となっている投票数はその三倍以上です。バイデン副大統領の得票率が10, 457票と最も低いアリゾナ州では、違法投票の可能性はその10倍近くにのぼります。また、バイデン氏の投票が違法投票につながる可能性があるとされる割合は、ジョージア州ではさらに高いです。
ミシガン州だけが例外です。これは、それが真の例外である可能性が高いからではなく、単に、ミシガン州における様々な種類の不正行為が、どのように違法投票の可能性に変換されるかについての推定が不十分なままであるからです。
明らかに、このマトリックスに基づけば、この選挙がドナルド・J・トランプから盗まれたものかどうかについて、アメリカ国民は決定的な答えを得るに値します。大統領就任式の日の前に徹底した調査が行われなければ、多くの米国人が非合法なバイデン政権と見なすであろうことに、暗雲と汚点が立ち込めます。
本報告書の次の6つのセクションでは、選挙不正疑惑の6つの側面のそれぞれについてより詳細に検討します。

7

III.有権者の不正行為(Outright Voter Fraud)


真っ当な有権者詐欺は、偽の投票用紙の大量製造、贈収賄、死亡した有権者から、重罪犯や不法外国人などの不適格投票者による投票、複数回集計された投票用紙、不法な州外有権者にまで及びます。表3は、6つの激戦州における、そこに存在するとされている様々なタイプの有権者詐欺の概要を示しています。
表3:2020年大統領選挙における露骨な有権者詐欺

Table 3: Outright Voter Fraud in the 2020 Presidential Election
この図から、6つの州すべてに異なるタイプの詐欺が存在する可能性があることがわかります。ここでは、これらのさまざまな種類の不正について、すべてを網羅するのではなく、具体的に説明するように設計された例を使用して、より正確に定義します。
贈収賄(Bribery)
有権者詐欺の文脈では、贈収賄は、有権者登録や優先候補者への投票などの公的行為と引き換えに行われる腐敗した勧誘、受諾、または価値の移転を意味します。(12)少なくともネバダ州では、このような贈収賄事件が起きています。
ネバダ州の事件で驚くべきことは、連邦の贈収賄法が厚かましくも無視されていることです。シルバー・ステートでは、バイデン氏の選挙運動によって組織された取り組みの中で、アメリカ先住民が票を交換したのは、銀貨ではなく、VISAギフトカードや宝石などの 「スワッグ」 だったようです。(13) Epoch Timesによると、そのような票の買収計画は、アリゾナ州やウィスコンシン州など、他の八州でも起こっている可能性があります。(14)

8

偽の投票用紙製造と合法的に鋳造された本物の投票用紙の破棄


(Fake Ballot Manufacturing and Destruction of Legally Cast Real Ballots)
偽の投票用紙製造候補者に代わって不正に投票用紙を製造すること;トラックの運転手が宣誓供述書の中で、ニューヨーク州で大きな箱の投票用紙を拾い、ペンシルベニア州の投票所に届けたと主張していることが、偽の投票用紙製造の可能性を示す最も憂慮すべき例の1つです。(15)10万票を優に超える投票が行われている可能性があり、それだけでキーストーン州でバイデン氏に投票するに十分な数の偽の投票が行われているかもしれません。
ペンシルバニア州でも同様に、 「Declaration」 と写真が掲載されており、投票担当者がUSBフラッシュドライブを使用して、非常に大量の票を票集計マシンにダンプしたことを示唆しています。結果として得られた表は、機械にスキャンされた郵送票と相関しませんでした。(16)
ジョー・バイデンのために偽の投票用紙を製造していた可能性がある最も明白な例は、おそらくジョージア州アトランタのステート・ファーム・アリーナで起きたのでしょう。実行犯の可能性がある人物が現行犯で監視ビデオで逮捕されました。
ある記事では、不審な水漏れがあったため、世論調査の専門家やオブザーバー、メディアは真夜中に立ち去るよう求められました。開票が終わると、何人かの選挙管理委員は、カーテンのかかったテーブルの下から大きな箱の投票用紙を取り出しました。その後、数万人規模と推定される偽の製造票を集計しました。(17)これらの投票用紙の集計後にバイデン氏の票が大幅に増加したことは、これらの投票用紙が処理された後に明確に観察できることに留意されたい。(18)
犯罪の可能性を示す決定的な証拠があるように見えるにもかかわらず、トランプ支持派のメディア関係者の間では懸念を否定する記事が続々と登場しました。これらのごまかし記事によると、これらは定期的で許可された投票箱であり、メディアの観察者は去るよう求められておらず、単に彼ら自身で残され、観察者がいない場合に投票を数えることは完全に受け入れられます。(19)そうでなければ回転は止まりません。
もちろん、これはまさにジョージア州司法長官と連邦司法省の両方によって十分に調査されるべき種類の事件です。しかし、このような調査が行われているかどうかは不明です。その一方で、ビデオテープ自体は、十分な説明がなされていないため、選挙の公正さと誠実さをめぐる懐疑的な風潮を助長しています。
最後に、可能性のある例として、合法的に投じられた実際の投票用紙の破棄アリゾナ地区の米国地方裁判所に提出された訴訟事件からのこの主張があります:原告らは、75, 000枚を超える不在者投票が実際に返還されたときに未返還として報告されたと主張しています。これらの不在者投票用紙は失われたり破棄されたり(トランプ大統領の投票無効の主張と一致します)、選挙管理人や他の第三者によって記入された未記入の投票用紙に差し替えられたりしました。(20)

9

無期限に拘束された有権者による虐待(Indefinitely Confined Voter Abuses)


無期限に拘束された有権者高齢や何らかの障害のために直接投票することができない有権者。このような無期限に拘束された有権者には、2種類の人権侵害の可能性があります。
1つ目の虐待は、高齢者や弱者の身元や票を効果的にハイジャックして、彼らを搾取することです。例えば、ジョージア州では、老人ホーム施設に入所しているある老人の家族が、選挙人登録IDを使った郵送投票が請求され、それが本人の同意なしに行われていたことを発見しました。(21)ペンシルバニア州の同様の状況で、ダウン症の二人の両親と彼らの娘が直接投票に行き、郵送による投票が彼女の同意なしに請求され、娘のために提出されたことを発見しました。(22)
第2の種類の無期限に制限された有権者虐待は、少なくともウィスコンシン州では、はるかに重大です。いくつかの裁判所への提出書類の中で重要な主張は、「不誠実な有権者」を「無期限に制限されます」として登録することは、意図的に「ウィスコンシン州選挙選挙を回避するための法律完全な写真による身元確認の要件」を壊したということです。簡単に言えば、彼らは投票する際に本人確認用の写真を見せずに投票することができたのですそのため、本人確認は本来行われるはずのものよりはるかに厳しくありませんでした。
この乱用は、ある報道機関のアカウントによると、「デーン郡とミルウォーキー郡の職員が違法な助言をし、州の写真入り身分証明書の提出義務を無視する方法として、無期限の監禁を奨励しました。」(23)の後に起こったトランプ側はこれを不正行為への公然の招待と正しく呼びました。無期限に拘束されていると登録したが、結婚式に出席したり、自転車に乗ったり、休暇に出かけたり、その他の理由で拘束されているわけではないウィスコンシン州の有権者たちの話や写真はたくさんあります。(24)
この特定のタイプの選挙詐欺について最も重要なことは以下の通りです:無期限に拘束された有権者の拡大された定義-ウィスコンシン州最高裁判所によって法的に不正確と裁定された定義-(25)を受けて-無期限に拘束された有権者の数は、7万人弱の2019年から20万人以上の2020.(26)年に急増しました。新たに無期限に拘束された有権者の13万票の増加は、ウィスコンシン州でのバイデン氏の勝利の五倍以上です。

不適格な有権者と複数州で投票した有権者(Ineligible Voters and Voters Who Voted in Multiple States)


不適格有権者には、不適格者とみなされた重罪犯、未成年者、非登録有権者、不法外国人、違法な州外有権者、郵便局の私書箱を住所として違法に使用している有権者が含まれます。(27)
トランプ陣営の弁護団が裁判所に提出した書類によると、レイ・スミス弁護士は、7万人以上の有権者が2020年の選挙でジョージア州で投票したとされるリストを提出しました。(28)また、ジョージア州では、2万人以上の人々が、ジョージア州政府に変更された住所の通知書を提出したか、または州外に引っ越すという他の兆候を持っていたようです。しかし、これらの明らかに不適格な州外有権者は、有権者名簿に残り、2020年の選挙で投票したようでした。(29)
投票資格のない州外の有権者に関する追加データポイントとして、以下があります:80から100の間で、他の州の自称ブラックライブズ・マター関連のメンバーが、ペンシルバニアで投票したことを認めました。(30)
10

複数の州で投票する有権者については、ネバダ州では他の州で投票したことがわかっている有権者からおよそ15, 000通の郵送による不在者投票があったとする訴訟があります。(31)ネバダ州では、投票登録資格の証明としてカリフォルニア州とネバダ州のどちらのVoter Identificationを採用したかを投票者が投票するためにチェックインする際、伝えられるところの投票従事者の手順が一貫していなかったことに注目することは有益です。(32)

死票者と幽霊投票者(Dead Voters and Ghost Voters)


広く知られている証拠によると、死亡した有権者によっていくつかの主要な激戦州で驚くほど多くの票が投じられ、ブルース・ウィリスの名作映画にちなんで、これは「シックスセンス」選挙だった―死者が投票しているのが見えます。
たとえばペンシルベニア州では、トランプ・キャンペーンが行った、有権者名簿と死亡者名簿を照合した統計分析で、8, 000人以上の死亡が確認された有権者がいることが判明しました。
郵送による投票に成功しました。(33) グルジア:与えられたすべての重要な役割を強調

死亡したとされる人の推定投票数は、バイデン氏の勝利の差にほぼ等しいです。
ミシガン州では、デトロイトの投票所のコンピューター・オペレーターが、1900年に誕生日を迎えた有権者の票集計システムのために、数千票の氏名と住所を手作業で追加していたことが、ある宣言で明らかになった(34)。そしてネバダ州では、2017年以来、夫を亡くした妻が、亡くなってから3年半後の2020年11月2日、郵送による投票に成功したことを知りました。(35)
ここで注目すべきは、リチャード・ニクソンの選挙を奪うのに、死んだ有権者が決定的な役割を果たしたということでしょう。ニクソンは、リチャード・デイリー市長とシカゴの政治マシンが組織した窃盗事件です。ある報告によると「3, 000人以上が死亡した個人の名前で投票され、31, 000人以上が市内の別の場所で二度投票しました」。ケネディ大統領のイリノイ州での勝利の差は9, 000票にも満ちませんでした。
ゴースト投票者の前線では、「幽霊投票者」とは、もはやその有権者が登録された住所に住んでいない有権者の名前で投票を要求し、提出する有権者です。例えば、ジョージア州では、州外に出た後、2万人以上の不在者または早期投票者 (バイデンの勝利率のほぼ二倍) が投票したとされています。(36)ネバダ州では、ある調査員の報告によると、元住民が立ち退きを余儀なくされた家に、毎日50票もの票が届けられています。(37)

吹き出しを複数回カウントします(Counting Ballots Multiple Times)


投票用紙を何度も数えること投票用紙の束が電子投票機で繰り返し再スキャンされ、再集計されるときに最もひどくなります。また、同じ人が同じ日に複数回投票した場合にも発生する可能性があります。こうした特定の種類の「票の詰め込み」の証拠は、激戦が行われた六つの州すべてに存在します。

11

例えば、ウィスコンシン州では、投票所の職員が集計機を使って投票を複数回行っているのが観察されました。(38)ミシガン州ウェイン郡では、共和党の選挙監視員たちが遊説員たちが投票集計機を使って投票用紙を3~4回スキャンし直しているのを観察しました。(39)
ペンシルバニア州では、投票所の職員が女性の外見を変えて、同じ日に2回投票しているのを目撃しました。(40)別の調査員は、投票所の一角の投票線で人々が投票しているのを見て、それから建物の反対側にある別の投票所に来て投票するのを見ました。(41)また別の投票所労働者は、投票日に投票機で二度投票した女性を目撃しました。(42)

IV. 投票操作(Ballot Mishandling)


投票用紙の取り扱いの誤り2020年の大統領選挙における不正疑惑の第二の主要な側面。表4が示すように、これは激戦州全体にわたる多面的な問題です。このいちかばちかやってみよう有権者の身元をきちんと確認できなかったことから始めよう。


表4:バトルグラウンド州での投票のごまかし

Table 4: Ballot Mishandling in the Battleground States

投票者IDチェックなしです(No Voter I.D. Check)


いかなる選挙においても、投票所の職員が有権者の身元を適切に確認することは、選挙の公正性にとって極めて重要である投票者が直接投票するために入ってきたとき、その権利と登録。しかし、いくつかの激戦州では、有権者IDのチェックが十分に行われていないことを示す証拠が少なくともいくつかあります。
例えば、ミシガン州では、投票所の会長が、投票者の身分証明書を提示せずに、また運転免許証のコピーだけを提示して、個人に投票することを許可しました。(43)
12

ネバダ州では、有権者登録を希望し、適切なネバダ州IDまたは運転免許証を所持していない人々に対し、投票所職員が次のことを助言するように指示されました。登録されていない有権者は、駐車場の外に出て、身分証明としてネバダ州運転免許証を取得するために、遅くとも2021年一月までには自動車局に予約を入れることができます。その後、紙またはデジタル形式でDMVアポイントメントの確認書を提出できます。;登録を許可するには十分でしょう。(44)

シグニチャ照合の不正(Signature Matching Abuses)


封筒に書かれた署名が有権者登録と一致しているかどうか記録をチェックすることで、郵送中の投票と不在者投票を法的に確認することも同様に重要です。(45)しかしながら、様々な署名照合濫用が、ネバダ州、ペンシルベニア州、特にジョージア州で大きな問題となっていることに留意されたい。
グルジアでは、国法に反して、国務長官は民主党と署名照合を2つではなく1つの検証に緩和する同意命令を結びました。この署名照合テストの違法な弱体化は、ジョージア州で投じられた120万通以上の郵便投票に疑問を投げかけました。(46)
署名照合チェックの不正が表面化しているのはジョージア州だけではありません。ネバダ州の州法では、すべての署名と投票用紙を投票者ではなく審査することを義務付けています。しかし、クラーク郡有権者登録官は、このようなチェックを行うために、Agilisと呼ばれる欠陥のある署名照合コンピュータシステムを使用しました。(47)後述するように、ネバダ州法に反して機械が人間に取って代わるというこの問題は、Agilisのシステムの精度が容認できないほど低く、違法な投票が画面から漏れやすくなっているという事実によってさらに悪化しています。(48)
ウィスコンシン州でも署名照合の不正が表面化し、州の法律に反して、郵送投票に必要な有権者情報証明書が削減または削除されました。ある訴訟で指摘されているように、この変更は「州議会の権限を弱体化させ、選挙の安全性を低下させ、郵便投票詐欺に関与しやすくすることで選挙の信頼性を低下させ、ウィスコンシン州選挙法の明確な条項に抵触する別の標準のない規則を作り出し、州全体で不在者投票が画一的に扱われるのを防ぎました。」 (49)

「裸のバルーン」外封筒がありません(“Naked Ballots” Lacking Outer Envelope)


無記名投票とは、有権者の署名が入った外側の封筒がない郵便または不在者投票のことです。外側の封筒が有権者の身元を確認する唯一の方法なので、裸の投票を受け入れることは違法です。
ペンシルバニア州では、裸の投票用紙が違法に受理されています。これは、州務長官が出した誤った『ガイダンス』―登録されたDemocrat (50)―が、そうした裸の投票用紙をカウントするように指示した結果です。

13

州法に違反して、このような指針を発行すること(51)は、ジョー・バイデン氏の議席を増やすために民主党の政治家が行った露骨な試みのように思われます。民主党は郵便投票によって不釣り合いに多くの票を投じていることは明らかであったからです。ペンシルベニア州最高裁判所がこの指針を却下した際、国務長官は、選挙管理委員に対し、不遵守の郵送票や不在者投票を数えないよう指示する新たな指針の発行を拒否したため、この事件は特に重大です。(52)

破損した保管チェーンおよび無許可の投票処理または移動(Broken Chain of Custody & Unauthorized Ballot Handling or Movements)


適切な選挙管理制度の維持は、公正な選挙の要です。適切な監督や監視なしに、投票用紙が不正に転送、管理、または移動された場合、管理の連鎖は壊れます。(53)
カストディの連鎖問題はすべての投票に適用されるが、郵送による投票と不在者投票では、カストディの連鎖が壊れるリスクが明らかに高いです。これは投票用紙がより多くの人手を経なければならないからです。
2020年の大統領選挙では、監視されていないドロップボックスの使用が増加し (多くの場合、違法使用) 、管理過程の崩壊のリスクが高まったことは間違いありません。また、第三者が投票者から票を拾って、投函箱に入れたり、直接選挙関係者に届けたりする、いわゆる「開票」も増えています。
ドロップボックスと投票用紙の収集は、不正行為者が不正な投票用紙を選挙プロセスに挿入する機会を提供します。これが非常に重大な問題であることは、BlackBoxVoting.org:「裁判所の判例では、一連の監護権侵害は、証拠を認めることを拒否し、場合によっては訴訟を放棄させる結果となります。選挙では、一連の親権侵害が取り返しのつかない不確実性をもたらし、選挙のやり直しを裁判所が命じる可能性があります。」 (54) (強調追加)の観察からも明らかです。
ドロップボックス問題の一例として、ペンシルベニア州では、州法に違反してナザレ投票所のドロップボックスに投票用紙が不法に投げ込まれました。(55)同様にペンシルベニア州でも、ビデオテープや写真につかまった男が、監視されていない投票箱から投票用紙を取り出し、集計センターに運び込んだ印の付いていないジープから出てきました。その男は、監視されていないドロップボックスに入れるために空の投票箱を持って戻ってくるのが観察されました。(56)
ウィスコンシン州の選挙委員会が、同州全体の不在者投票を収集するための『BR 1』ドロップボックスを500個違法に配置しました。しかし、これらのドロップボックスは、より高い民主党登録率を持つ傾向がある都市部に偏って配置されていたため、ジョー・バイデン氏の立候補を支持していました。Note:ウィスコンシン州では、ドロップボックスの使用は法律で禁じられているいかなるものでも。このため、投票された票は法的には選挙結果に算入できません。(57)
投票用紙の回収の例として-この例では、プロセスの最初の方で-25, 000票がペンシルバニアの老人ホーム居住者から要求された同時に。(58)

14

さらに別の例として、ウィスコンシン州セントラルカウンティングロケーションに到着した不在者投票用紙の大きなゴミ箱に封筒が開封されていたことが挙げられます。(59)それにもかかわらず、彼らは数えられました。
また、ウィスコンシン州では、選挙職員が未記入の投票用紙の袋を車に移し、監視なしで走り去るのを目撃しました。(60)また、トラック運転手が大量の偽造投票用紙をニューヨークからペンシルバニアに移動させた直接の報告書を提出したという前述の事例もあります。
無許可の取り扱いや投票用紙の移動に関する最後の注意事項として、不法な開票所の問題があります。これらの者は、w法的に認められていない者及び (又は) 公認された者です。
ある奇妙な事件では、2019(61)にカマラ・ハリスの選挙運動で公式カメラマンとして働いていた人物が、ジョージア州フロイド郡の投票用紙のスキャンに関与していたとされています。選挙管理委員会は、大統領選挙の候補者とは関係がありません。

ポストマークなしで受け入れられるバルーンと、バルーンのバックデート(Ballots Accepted Without Postmarks and Backdating of Ballots)


激戦が繰り広げられているすべての州で、投票所の職員が郵便投票か不在者投票のいずれかで、消印のないものを数えることは州法に違反しています。また、開票を遅らせることは違法であり、開票と開票のための選挙期限に達したとみなされる可能性があります。いくつかの激戦州では、こうした不正行為の証拠がいくつかあります。
例えば、ウィスコンシン州では、ある宣言によれば、ミルウォーキーの米国郵政公社 (USPS) の職員が、二人の管理職から、遅れて到着する投票用紙の日付を遅らせて数えられるようにと繰り返し指示されました。(62)さらに、USPSはウィスコンシン州で10万票も遅延させたと申し立てられています。(63)
同様に、ミシガン州デトロイトでは、ある裁判で指摘されたように、投票所の職員が不在者投票を集計できるように前日まで遡って集計するよう投票所のカウンターに指示していました。(64)ある選挙ウォッチャーは、ミシガン州の投票が消印のない票集計機で行われていることも観察しました。(65)

15

V. 競合可能なプロセスの欠陥


2020年の大統領選挙の不正の第三の側面は、 「対決可能なプロセスの反則」 です。このようなプロセス上の欠陥がとりうるさまざまな形を表5に示します。
表5:戦場の状態における競合可能なプロセス・ファウル

Table 5: Contestable Process Fouls in the Battleground States

傍聴人・傍聴人の虐待(Abuses of Poll Watchers and Observers)


選挙の公正さと誠実さの中心となるのは、オブザーバーが投票用紙の受領、開票、集計を監視するプロセスです。表5を見ればわかるように、6つの激戦州すべてで、選挙監視員と監視員の虐待が行われていました。
グルジアでは、(66)ミシガン、(67)ミシガン、(68)ペンシルバニアといった選挙監視人や立会人は、選挙管理委員会やその他の選挙監視人によって開票センターへの入場を拒否されました。これは適切な認証と身分証明を提示したにもかかわらずでした。
また、ジョージア地域では、(69)ミシガン、(70)ネバダ、(71)ペンシルベニア、(72)など、共和党の世論調査専門家らが監禁された地域に押し込められ、世論調査の見方が制限されました。いくつかの事例では、この監禁は地方警察によって強制されました。

16

これら4つの激戦州では、共和党の投票ウォッチャーは投票所のカウンターから不当に長い距離に立つよう指示されました。ミシガン州では、投票所の見落としを防ぐために、投票所の従業員が投票所の窓にポスターボードを掲示しました。投票所の見落としは、おそらく「対等な者の中で一番です」でしょう。(73)ペンシルバニア州では、何万票もの投票用紙が裏の部屋で処理されたが、そこでは投票の監視者は一切見ることができませんでした。(74)
公正な選挙プロセスの最前線にいるのは、このような世論調査の専門家とオブザーバーであるため、これは極めて深刻な問題です。彼らの仕事は、すべての投票が適切に処理され、それに応じて集計されることを確認することです。彼らは次のような質問に答えようとしています:署名照合プロセスが行われていますか?それぞれの投票用紙に外側の封筒が付いていますか、それとも裸の投票用紙ですか?集計機では投票が複数回行われているのですか?
世論調査の監視者や観察者が閲覧を禁じられたり、容認できないほど長い距離からの閲覧を強制されたりすると、これらの監視機関はこれらの質問に正確に答えることができません。したがって、彼らは彼らの重要な監視機能を果たすことができません。

郵送による投票と不在者投票のルールは州法に反して違反(Mail-In Ballot and Absentee Ballot Rules Violated Contrary to State Law)


グルジアでは、投票日の180日以上前に不在者投票を申請した30万人以上が投票を許可されました。これは明らかに州法に違反しています。(75)
ペンシルベニア州とウィスコンシン州の両州では、民主党の選挙管理委員会が、投票日後に郵送による投票と不在者投票の両方を受け入れるよう一方的に行動しました。州共和党は、これは州法に反すると主張しています。
ペンシルベニア州では、不在者投票と郵送投票が投票日の3日後まで受け付けられました。(76) 11月7日(th)法的な異議申し立てを予期して、連邦最高裁判所は、約1万票の11月3日以降に到着した不在者票および郵送票を、投票日に到着した票と分離するよう命じました。(77)この方針にもかかわらず、ある世論調査専門家は、11月7日に、デラウェア郡では州法に反して前夜に行われた投票と当日に行われた投票が分離されていないと報告しました。(78)
ウィスコンシン州法は期日前投票を認めていません。それにもかかわらず、民主党の牙城であるワイソン、マディソンの市当局は、罪が200以上「公園の民主主義」の不法投票所の設置を支援しました。
これらのでっち上げ投票所はバイデンの選挙運動によって促進され、支持されました。彼らは不在者投票に証人を提供し、合法的な投票所のようにあらゆる方法で行動しました。さらに、彼らは、本人投票または不在者投票のために制定法によって認められている選挙に先立つ限定された14日間の期間外に投票を受けました。これらは明らかな州法違反でした。(79)

17

適切に登録されていない有権者に投票権(Voters Not Properly Registered Allowed to Vote)


投票所従業員の仕事の1つは、個人投票者が法的に登録されていることと、本人が言うとおりの人物であることを保証することです。激戦が繰り広げられている6つの州のうち少なくとも3つ、すなわちジョージア州、ネバダ州、ウィスコンシン州では、この作業が効果的に行われていない可能性があります。
例えば、ウィスコンシン州では、投票に応募したり、その資格の証明を要求したりする資格について、選挙監視員が異議を申し立てることを当局が拒否しました。(80)グルジアでは、投票するために登録されたとして州の記録に記載されていない2, 000人以上が投票したようです。(81)
ペンシルベニア州では、ある調査会社が、有権者登録簿に名前が載っていない個人を別の地域に連れ戻す行為を観察しました。そこで、これらの登録されていないと思われる有権者たちは、選挙判事に会い、「戻ってこれがあなたの名前だと言えば投票できます。」と告げたとされている(82)。
投票所での違法キャンペーン
(Illegal Campaigning at Poll Locations)
投票所の労働者たちは政治的に中立であるべきです。投票所で、ある政治的候補者が他の候補者よりも偏見を持っていることは州法に反します。残念なことに、この法律はミシガン州、ペンシルベニア州、ウィスコンシン州で繰り返し違反されているようです。
例えば、ペンシルバニア州では、投票所の職員が「有権者保護」と呼ばれるグループの装具を着用していました。これは民主党が資金を提供しているペンシルバニア州の民主党の再選挙区画定のための100%政治活動委員会です;その装具の着用は、投票所での違法なキャンペーンを構成します。(83)
ミシガン州で行われた同様の違法選挙運動では、投票所で働く人たちがBlack Lives Matterのシャツを着ることを許され、オバマ大統領の道具のトートバッグを持っているのが目撃されました。(84)さらに、バイデン氏とオバマ氏の選挙運動シャツを着た投票所職員が開票場に入ることを許可されました。(85)
ウィスコンシン州では、バイデン氏の選挙運動の代表者たちが外に出て、投票に向かう途中で有権者と話していました。彼らは明らかに選挙運動の禁止区域内にいました。調査員たちは、観察者たちの反対にもかかわらず、この違法なキャンペーンに何の対処もしませんでした。(86)

投票所の職員や有権者が法律に反して直した投票(Ballots Cured by Poll Workers or Voters Contrary to Law)


規定された状況下では、投票所の職員と有権者の両方が、ミスや食い違いを伴って投票用紙を修正する可能性があります。このプロセスは、「開票」と呼ばれます。
19の州では、投票所運営者は投票用紙に誤りや不一致があった場合、投票者に通知しなければならず、その結果、投票が有効になるように、有権者が誤りを 「修正」 できるようにしなければなりません。(87)しかし、有効化が認められていない州では、署名の欠落や不一致などの矛盾がある投票は破棄されなければなりません。(88)

18

ペンシルベニア州では、州法に反して、投票者が投票用紙を修正、つまり修正できるように、投票担当者が訓練されました。(89)ある裁判所への提出書類によると、ペンシルバニア州の民主党支配下の郡は投票日前の事前集会活動「受け取った郵送による不備の投票を検討することによって。」 (90)に参加しており、この中には「内側の秘密の封筒が欠如しているか、外側の宣言封筒に選挙人の署名が欠如していること」も含まれています。投票者はその後通知を受け、投票用紙を回収するために州法に明らかに違反しました。(91)
不正に開票された投票の例は他にもたくさんあります。例えば、ウィスコンシン州では、選挙監視員の反対にもかかわらず、何万票もの票が修正されたり、修正されたりしました。(92)
ペンシルベニア州では、投票所の職員が、さまざまな間違いのあった約4, 500票をゴミ箱に集めました。その後、投票所の職員が4, 500票を記入し直し、集計機で読み取れるようにしました。これは州法に違反する行為です。(93)
ミシガン州では、投票所の職員が票の外側の封筒に記載された日付を、数えられるように変更しました。ミシガン州の投票所職員(94)も郵便物を『正す』ための無記入投票用紙に記入し、不在者投票は彼らが「投票者は意図していました。」と信じるものに従って記入した(95)。

VI. 保護条項の均等違反(Equal Protection Clause Violations)


保護の平等条項は14年の第米国憲法修正条項であり、米国共和国の基本的な柱です。この平等な保護条項は、いかなる国も自国の市民に対し、自国を統治する法律の平等な保護を拒否することができないことを義務付けています。(96)
表6は、2020年の大統領選挙における平等保護条項の主要な違反事例を示しています。表が示すように、各違反は6つの激戦州すべてで発生していることが観察されました。
表6:6つの戦場での平等な保護条項違反

Table 6: Equal Protection Clause Violations in the Six Battleground States
19

個人投票者に適用される認証およびID検証のより高い基準(Higher Standards of Certification & I.D. Verification Applied to In-Person Voters)



最初に指摘された違反行為は、郵送による投票や不在者投票の投票者よりも、実際に投票している有権者に対して、より高い認定基準と有権者識別を適用することに焦点を当てています。実際、これらの高い基準は、トランプ大統領が郵送や不在者投票者よりもはるかに高い個人投票率を持っていたため、ジョー・バイデンの立候補に不相応に有利に働きました。実際、郵便投票と不在者投票は、いくつかの州では4票中3票という高い割合で、国中のジョー・バイデン氏に大きく偏っていました。(97)
ここで注意していただきたいのは、不正とされている投票操作の多くは、郵送による投票と不在者投票に集中していたことです。したがって、こうした有権者の監視レベルが低ければ低いほど、ドナルド・トランプ氏と比べてジョー・バイデン氏への違法な投票が増える可能性があります。同様に、平等保護条項のこの特定の違反は、投票ウォッチャーが有意義な観察を拒否されたことによってさらに可能になったことに留意されたい。
この 「平等な保護」 条項の侵害の最も甚だしい例は、ジョージア州とミシガン州で起きました。例えば、ジョージア州では対面投票にIDが必要であり、ミシガン州ではIDなしの仮投票しか認められていないが、ジョージア州、ミシガン州ともに、前の選挙で既に登録されている場合には、有効なIDを郵送で投票する必要はありません。
これらの手続きは詐欺の温床です。実際、過去の選挙では投票したが、最近の選挙では投票しなかった有権者を、選挙詐欺師が標的にしていた証拠があります。こういった詐欺師たちは、こういった不得手な有権者のために票を投じても、逮捕される可能性はほとんどありません。しかし、多くの宣誓供述書には、投票に訪れた人々が、記録にはすでに投票したことが示されていることを知らせるためだけに投票に行ったことが詳述されています。少なくとも14件のそのような宣誓供述書がグルジア人によって作られました。
さらに別の例として、ウィスコンシン州では、郵送による投票が、割り当てられた封筒の場所に証人の署名を適切に配置することなく受け入れられました。(98)対面投票のための同様のプロセスは投票の無効化をもたらしたはずです。

異なるロット硬化基準(Different Standards of Ballot Curing)


平等保護条項の第二の重大な違反として、同様に六つの激戦州すべてで見られたように、州内の異なる管轄区域にわたって、投票の誤りを訂正するための異なる基準(開票)が適用されました。多くの場合、民主党が圧倒的多数を占める選挙区は、共和党が圧倒的多数を占める選挙区よりも、投票用紙の無効化を容認することに積極的でした。
ペンシルベニア州では、共和党の州と民主党の州の間で、得票数の差がはっきりしていました。ペンシルバニア州のキャシー・ボックバー州務長官が、郡に投票用紙の修正を許可する違法な指針を出したとき、この違法な指針は少なくとも8つの異なる共和党郡で守られませんでした。(99)一方、民主党の州では、この違法な指導の下で投票用紙が回収されました。(100)

20

アリゾナ州でも同様に、対面式の投票者と郵送式の投票者との間には明らかな違いがありました。一方では、選挙日前に送付された無効な郵送票を 「治療」 または 「修正」 するために、郵送投票者は最大5日を要しました。(101)一方、たとえばマリコパ郡では、電子投票機の使い方を知らない投票担当者に直接投票しなければなりませんでした。その結果、何千人もの直接投票者が誤った印をつけられ、治癒するどころか無視される結果となりました。(102)

微分およびPartisanポールウォッチャー処理(Differential and Partisan Poll Watcher Treatment)


ほとんどの州で、政党の候補者と投票問題委員会は、投票集計プロセスを監督するために、投票監視員とオブザーバーを任命することができます。(103)そのような選挙監視人及び立会人は、投票所においてその義務を果たすことができるようにするために、登録された投票者であり、選挙判事に証明書を提示しなければなりません。(104)
公認された人物は、所属政党に関係なく、適切な距離で自由に観察することができます。しかし、民主党の主要な支持基盤であるウィスコンシン州デーン郡やミシガン州ウェイン郡では、バイデン氏の得票数が多かったため、共和党の選挙監視団やオブザーバーは、入国拒否から投票所での投票、嫌がらせや脅迫に至るまで、さまざまな扱いを受けることが多かった。
例えば、ジョージア州では、投票所で投票ウォッチャーが他の投票担当者たちが、所属政党の関係で彼女に話しかけてはいけないと話し合っているのを目撃しました。(105)ペンシルバニア州では、共和党の選挙ウォッチャーが嫌がらせを受け、所属政党のせいで投票所から排除されました。(106)ウィスコンシン州では、共和党の投票所が共和党の参加を認めていないという事実のため、共和党の投票ウォッチャーは監視することができませんでした。(107)
公認の投票監視人(前節で述べました)へのアクセスを拒否することに関連するプロセスの問題と、このような行為の拒否、嫌がらせ、および脅迫が政党の所属によって異なる場合の平等な保護条項の違反との間の相乗効果に留意すること。

21

VII.2020選挙投票機の不備(2020 Election Voting Machine Irregularities)


50州すべての票を集計するために使われるようになったマシンと関連ソフトウェアほど、テクノロジーが諸刃の剣であることを示すものはおそらくないでしょう。(108)投票装置の種類には、紙の投票用紙を処理するために使用される光学式スキャナ、投票者がその選択を直接入力するために使用することができる直接記録電子システム、および人間が読み取り可能な投票用紙を作成するための様々なマーキング装置が含まれます。(109)
2020年の大統領選挙では、大きく二つの不正が指摘されました。表7が示すように、これらのタイプの不正には、大規模な投票機の不正確さと、しばしばジョー・バイデンを支持する不可解な票の切り替えと票の急増が含まれます。
表7:投票機の不備2020件

Table 7: 2020 Voting Machine Irregularities

大規模な議決権行使機の誤り


28州に投票機と投票装置を供給しているドミニオン社という会社の謎に満ちた起源について多くのことが語られてきました。(110)評論家によると、ドミニオンのルーツはベネズエラの独裁者ウゴ・チャベスが彼の見せかけの選挙を不正に操作したことにあるといいます。(111)ドミニオンはまた、クリントンの財団(112)と関係があると言われている一方で、ドミニオンのマシンで使用されているSmartmaticソフトウェアは、影のアンチトランプのグローバル主義者金融家ジョージ・ソロスと関係があると言われています。(113)
DominionとSmartmaticをめぐる論争にもかかわらず、機械の不正確さに関する最大の問題の1つはAgilisという会社に端を発するかもしれません。民主党の本拠地、ネバダ州クラーク郡のネバダ州選挙管理委員会は、13万通以上の郵便投票の署名をチェックするために、アジリス社の署名照合機を使いました。
カーソン市の第一地方裁判所に提出された訴訟によると、Agilisのマシンは「メーカーが推奨するよりも低い画質」を使用したといいます。クラーク郡選挙局はまた、精度をメーカーの推奨より低くしたため、検証プロセス全体が信頼できなくなりました。(114)

22

テストの結果、製造元の設定では、Agilisマシンにはすでに不正確さに対する高い許容誤差 (50%の不整合) があることが判明しました。つまり、投票機を通過する可能性のある票の半分を検証することは不可能です。;クラーク郡の職員はさらにその敷居を下げました。(115)
この件についての最後のコメントとして、Agilisマシンが「選挙関係者による署名検証に完全に取って代わります」ために使用された、より広範な法的問題もあります。これはネバダ州法に反します。
裁判で述べたように:「ネバダ州の法律に違反して、クラーク郡選挙局は、郵便投票用紙に添付された署名の30%だけを、人間に検査させることなく、Agilis社のマシンが検証できるようにしています。」(116)
アリゾナ州の裁判所に提出された 「Novus 6.0.0.0」 というソフトウェアについても、同様の問題が指摘されています。ノバス社は、投票用紙が損傷していたり、読みにくかったりして票集計機で読み取ることができない場合に、修正や復元を試みました。システムは、却下された投票用紙の該当するスキャンを読み取ろうとします。しかし、アリゾナ州共和党のケリ・ワード委員長が起こした裁判で述べられているように、「ソフトウェアは非常に不正確で、しばしば投票を覆しました。」 (117)

不可解な票の交換と投票がバイデン氏に有利に(Inexplicable Vote Switching and Vote Surges In Favor of Biden)


上述のアリゾナ州におけるNovusソフトウェア問題のさらなる複雑さとして、ソフトウェアは非常に不正確であっただけではありません。観察者によれば、また説明のつかない票の交換の一例として、「ソフトウェアは誤って 「トランプ」 の2倍の頻度で 「バイデン」 を挿入していました。の」 (118)
ジョー・バイデン支持への不可解な大規模な票の切り替えと票の急増が、ミシガン州アントリム郡で少なくとも1件起きました。(119)この共和党の牙城では、当初6, 000票がジョー・バイデンに数えられていたが、これは間違っていました。結果として得られた投票総数は、有権者登録や歴史的パターンに反していたため、眉をひそめました。チェックが終わると、6, 000票が実際にはドナルド・J・トランプ氏のものであることが判明しました。
アントリム郡の投票集計のその後の法医学的監査で、ドミニオンのシステムは68%という驚くべき誤り率を持っていたことがわかりました。(120)比較のために言うと、連邦選挙委員会は、選挙制度は0.0008%を超えてはならないと要求しています。(121)
ハッカーとドミニオンが外国の悪役と関係があるとされていることへの懸念を考えると、おそらくさらに厄介なことに、遠隔インターネットアクセスの検出を可能にする記録がアントリム郡のシステムから失われていました。これはミシガン州法に直接違反している(122)投票記録の22ヵ月間の保管を義務づけているが、この記録は以前の選挙年には保管されていたが、今回の選挙では保管されていませんでした。少なくとも、この監査の結果は、国内の他の州にまたがる自治領制のさらなる調査の必要性を示しています。

23

グルジアでは、結果が変わるドミニオンのマシンに多くの「不具合」がありました。最も注目すべき変化は、バイデン氏の2万票の増加とトランプ氏の1, 000票の減少でした。(123)

VIII.六戦地諸州の統計的異常(Statistical Anomalies in the Six Battleground States)


2020年の大統領選挙は、厄介な問題を提起する少なくとも四つのタイプの統計的異常を特徴とするようです。表8は、6つの激戦州におけるこれらの統計的異常の発生率を示しています。表からわかるように、ウィスコンシン州とジョージア州は、4つの異常値のうち3つが存在するという、最も高度な統計的異常値を特徴とします。ネバダ州とアリゾナ州では2つの異常が見られ、ミシガン州では少なくとも1つの異常が見られます。次に、これらのタイプの統計的異常について、より詳細に見てみましょう。
表8:戦場の状態における統計的異常


Table 8: Statistical Anomalies in the Battleground States

以前の選挙からの郵送と不在者投票の拒否率の劇的な変化
50の州では、郵便投票や不在者投票がいくつかの理由で拒否されるのは日常茶飯事です。これらの理由には以下が含まれます:署名の欠如または適切な署名の一致、期限を過ぎた遅延到着(124)投票者の身元(無記名投票)を確認する外部封筒の欠如(125)または投票者が投票用紙に不正確または不完全な情報を提供した場合。(126)
2020年の大統領選で、ジョー・バイデン氏は郵送投票と不在者投票の割合が異常に高かった。おそらく偶然ではないだろうが、ペンシルベニア、ネバダ、そして特にジョージア州では、不合格率が劇的に低下しました。

24

例えば、ネバダ州では、全体的な拒絶率は1.6%(127)の2016年から2020年には0.58%に低下しました。(128)ペンシルベニア州では、2016年の拒絶率は1.0%(129)となり、0.28%で事実上ゼロになりました。(130)しかし、全体的な不在者投票拒否率の最大の低下はグルジアで見られました。不合格率は6.8%(131)2016年には0.34%(132)2020年にはまで下がっています。
このように投票率が劇的に低下しているのは、主要な激戦州で民主党の選挙管理委員会が、郵送による投票や不在者投票の審査を低くしようと意識的に努力していることを示しています。このような政府の行動と選挙制度の賭博が、ジョー・バイデンに有利な立場に転じる一因となったかもしれないということは、この単純な計算で説明することができます。
2020年の選挙では、ジョージア州の選挙管理委員会に1, 320, 154通の郵便投票と不在者投票が行われました。もしこれらの投票が2016年の6.8%の率で否決されたとしたら、2020年の0.34%の率の代わりに、81, 321票が実際に否決された4, 489票の代わりに否決されたことになります。
郵便投票と不在者投票の60%がジョー・バイデンに投票されたという保守的な仮定の下で(133)この劇的な拒否率の低下は、ジョー・バイデンにさらに16, 264票の票をもたらしました。これは、グルジアでのバイデン氏の勝利の可能性を上回ります。

投票率が高すぎる(100%を超える場合)(Excessively High Voter Turnout (at times exceeding 100%)


登録した有権者や有権者よりも多くの票が投じられた場合、不正行為が行われた可能性が高いです。2020年の大統領選挙では、激戦州すべてで投票率が極端に高かった。
この問題を分析するには、当日登録のある州とない州を区別することが重要です。当日登録がある州では、投票率が100%を超えることもあり得ます。しかし、即日登録をしていない州では、不正行為が行われていなければ、このようなことは起こり得ません。
では、同日の有権者登録を認めていないアリゾナ州を考えてみよう。マサチューセッツ工科大学 (MIT) の訓練を受けた数学者の証言によると、バイデン候補は、マリコパ郡で使用されている投票機にプログラムされたアルゴリズムによって、同郡の民主党支持票の130%を獲得した可能性があります。(134)
ミシガン州は同一投票者の登録を認めていますが、投票率は依然として異常に高かったのです。ここでも、ドミニオンの投票システムが関係しています。次の手順に従います。
サイバーセキュリティー社の幹部で、米航空宇宙局 (NASA) の元アナリストでもあるラス・ラムズランド氏は、ドミニオン社の投票システムが使われていたミシガン州ウェイン郡の47選挙区のうち46選挙区が、96%を超える投票率を示したと証言しました。このうち25人の投票率は100%でした。(135)

25

同日の登録制を実施しているウィスコンシン州の投票率も、2016年に比べて異常に高かった。例えば、ミルウォーキーは、2020年の大統領選挙の投票率が84%であったのに対し、2016年には75%と、記録的な投票率を記録しました。(136)327の選挙区のうち90区が90%以上の投票率を報告しました。(137)

党登録と歴史的パターンに基づく統計的にあり得ない投票総数(Statistically Improbable Vote Totals Based on Party Registration and Historical Patterns)


2020年の大統領選挙は、歴史的パターンと一致する強い党派的な投票パターンを特徴としていました。概して、共和党が多数を占める地域はトランプ大統領に、民主党が多数を占める地域はジョー・バイデンに投票しました。
しかし、場合によってはこうした党利党略や歴史的なパターンを踏みにじることもありました。それは、完全な詐欺か、機械の不正確さか操作のどちらかが最も効果的である可能性が高いそのような場合に正確です。
統計的に不可能な票tの一例として、オタールはアリゾナ州の第5選挙区で結果が出ています。議員選挙区。クイーン・クリーク郊外のある地区では、トランプ大統領の得票率が2016年に比べて67.4%から58.5%へと劇的に低下しました。(138)これは、重複投票の「異常に高いです」数によるものでした。(139)

異例の投票率上昇(Unusual Vote Surges)


11月4日の早朝、ジョージア州、ミシガン州、ウィスコンシン州でth異常な投票の急増がありました。ニューヨーク・タイムズの有権者統合プロジェクトが実施した分析では、ビデン対トランプの比率が異常に高く、規模が異常に大きいいくつかの票の 「急上昇が選挙日に公開されました。このような急上昇は、不正投票が数えられたことを示している可能性が高いです。
例えばグルジアでは、11月4日1:34 AMの最新情報thでは、136, 155票の追加投票がジョー・バイデンに投じられ、29, 115票の追加投票がトランプ大統領に投じられました。(140)ミシガンでの11月4日の3:50 AMの最新情報によると、ジョー・バイデン氏に投じられた54, 497票と、トランプ氏に投じられた4, 718票の最新情報が示されました。(141) 11月4日3:42 AMのウィスコンシン州での最新情報によると、ジョー・バイデン氏に143, 379票、トランプ氏に25, 163票の追加投票がありました。(142)

26

IX. 州ごとの分析と立法・司法部門の失敗のシグナル(A State-By-State Analysis and Signal Failure of Our Legislative and Judicial Branches)


すべての幸せな家族は似ています;それぞれの不幸な家族はそれぞれの方法で不幸です。
– アンナ・カレーニナ
この時点で、6つの激戦州すべてが、この報告書に記載されている選挙不正の6つの側面の大部分またはすべてに苦しんでいることは明らかです。しかし、トルストイの『アンナカレーニナ』のようにそれぞれの激戦州は選挙不正の方法が異なるのも事実です。つまり、それぞれの戦場の州は、印象派的には、ジョー・バイデンのために州を動かすことにおいて、「最も重要な」と考えられるかもしれない問題の独特な組み合わせによって特徴づけられるかもしれません。
最も低いとされる10, 457票でバイデン氏の勝利を収めたとされるアリゾナ州を考えてみましょう。マリコパ郡とピマ郡では、投票率が統計的にありそうもないほど高い州です。広範囲に及ぶ投票処理ミス;また、160万件の郵送による投票(バイデンに向かって)では、本人確認および本人確認の基準が本人投票者よりもはるかに低かった(トランプを支持していました)。
グルジアでは、バイデン氏が勝利したとされる票はわずか11, 779票でした。ピーチ州でおそらく最も目立っているのは、何百万通もの郵送票の署名照合要件を実質的に無効にした違法な同意命令です。約10万票の未解決のニセ投票用紙の製造問題もあります。謎のままに引きずり出された夜になってテーブルの下から運び出され、迅速に集計されました。もちろん、私たちはグルジアの3枚カードモンテ作戦の選挙版が強いバイデンの票の急増につながったことを見ました。
多くの観察者や世論調査の監視者に悩まされた6つの激戦州すべての中でミシガン州は「対等な者の中で一番です」にランクされなければなりません。ウェイン郡のデトロイトは、「窓を板で塞ぎます」と「観察者を荒立てます」戦術で、この「悪を見ません」宇宙の中心でした。2人の地方の共和党幹部が、このような慣行のためにこの郡の票の認証を保留しようとし、監査を要求したとき、彼らは極端な脅迫とドッシングにさらされ、すぐに応じました。(143)
ネバダに関して言えば、これはジョー・バイデンに対して非常に僅差で勝利したとされる州でもある–33, 596票。ここでは、Agilisの投票機に関連した投票機の不正行為が13万票もの投票に疑問を投げかけています。また、州外の有権者や住民登録要件を満たさなかった人々による投票が異常に多い場合もあります。もちろん、アメリカ先住民がジョー・バイデンに投票するために厚かましい賄賂を贈ったことは、州と民主党に暗い汚点となっています。(144)
ペンシルベニア州では、同じように厚かましい民主党の国務長官が、裸の投票用紙を受け入れるよう違法な指針を出し、この問題を解決するようにというペンシルベニア州最高裁判所の指示を無視しました。彼女は州法に違反して投票用紙を違法に回収することを認め、投票日後に投票用紙を受理するための法的限界を押しました。

27

キーストーン州では、そしてジョージア州のスリーカード・モンテと同様に、偽の投票用紙をテーブルスキャンダルの下からシャッフルすることも、同様に未解決の問題である偽の投票用紙製造の可能性があります。ここで思い出してほしいのは、トラックの運転手が、ニューヨークで10万枚もの偽造投票用紙を拾い上げ、ペンシルベニア州に届けたという証言です。予告編と関連投票の両方が行方不明のままで、この予告編の中にはジョー・バイデンに投票するのに十分なだけのものがあったかもしれません。
最後に、ウィスコンシン州では、議論の余地のあるすべてのプロセス上の反則の母は、ほぼ間違いなく、不在者投票を装って集計プロセスに入ったおよそ17万通の郵便投票の母であり、州法に明らかに違反しています。これは、バイデン副大統領の得票差20, 682票の八倍以上です。
ウィスコンシン州でも同様に、「無期限に拘束された有権者」の過度に拡大した定義に関連する大規模な虐待があります。2020年にウィスコンシン州で行われた選挙で、新たに無期限に制限された有権者が増えたことを思い出してほしいです。これは、バイデン氏が勝利を収めたとされる証拠の五倍以上です。


激戦が繰り広げられている6つの州すべてで、民主党の政府関係者が選挙プロセスを不正に操作し、不正を働いていた一方で、州知事や州議会議員から裁判官に至るまで、多くの共和党政府関係者はほとんど、あるいは全く介入しませんでした。
共和党が、6つの激戦州のうち5つ、アリゾナ、ジョージア、ミシガン、ペンシルベニア、ウィスコンシンの州議会の上下両院を支配していることを考えてみてほしいです。(145)これらの州議会は明らかに、この報告書に示された選挙違反の6つの側面を調査する権限と機会の両方を持っています。しかし、激しい政治的圧力の下で挫折したこれらの政治家たちは、憲法上の義務と責任を果たせず、その結果、国家と国家、そして政党の両方に失敗しました。
6つの激戦州のうち2つ、アリゾナ州とジョージア州の共和党知事についても同じことが言えます。アリゾナ州のDoug Duceyとジョージア州のBrian Kempはどちらも知事の邸宅で臆病になり、州が選挙の不正に屈している間、事実上手をこまねいていました。
米国政府の司法部門は、この報告書で検討されているような問題に対する最後の支援者となるべきです。しかし、米国の州裁判所も連邦裁判所も、最高裁判所を含む連邦裁判所も、米国民が自らの目の前で起こった選挙違反に対して適切な判決を下すことを拒否することはできませんでした。彼らの失敗もまたアメリカ共和国に大きな危険をもたらします。

28

総括所見(Concluding Observations)


この報告書の調査結果から、Trump-Penceチケットに対して選挙デッキを効果的に積み重ねるための協調戦略が何だったのかを推測することができます。実際、この報告書で観察された選挙の不正のパターンは、6つの激戦州で非常に一貫しており、彼らは、選挙を奪い取らないとしても、ビデン=ハリスのチケットを有利にするために競技場を不当に傾斜させるような方法で選挙プロセスを戦略的に操作するための協調戦略を示唆しています。
この「投票箱に詰め込みます」戦略の大部分は、テキサス州が連邦最高裁判所に提出した訴状にうまく要約されています。
COVID-19大流行を正当化するために、[ジョージア州、ミシガン州、ペンシルベニア州、ウィスコンシン州]政府高官は立法府の権限を奪い、憲法に違反して州の選挙法を改正しました。彼らは行政命令や友好的な訴訟を通じてこれらの法改正を成し遂げたため、投票の信頼性が低下しました。(146)
テキサス州の訴状——によると、最高裁は—–を聞くことを悲しげに拒否し、この戦略の目的は、激戦州を「何百万通もの票を投じるほとんど、あるいはまったく拘束のない状態で、郵便物やドロップボックスに投函します」に氾濫させることだったといいます。同時に、民主党政権の高官らも「投票署名の検証と証人の要件の完全性を保護する最強のセキュリティ手段を弱めます。」ことを求めた(147)。
この報告書で実施された評価の結果は、テキサス州の苦情と一致しています。主なポイントは次のとおりです。

  • · この報告書で明らかになった証拠の重みと不正行為のパターンは、誰にとっても無責任である-特に主流メディア-詐欺や不正行為の「証拠がありません」があると主張すること。
  • · 特定された選挙不正のために問題となっている票は、トランプ大統領に有利な結果をもたらすには十分すぎるほどであり、これらの票のうちの比較的小さな部分でさえも違法と判断されるべきです。
  • · 戦場にある6つの州すべてが、選挙に関する6つの側面のほとんど、あるいはすべてを示しているが、それぞれの州には、「最も重要です。」と考えられる問題が独特に混在しています。言い換えると、すべての戦場にある州は、同じあるいは類似した選挙の不正を特徴としています。しかしトルストイの『アンナ・カレーニナ』のように、それぞれの激戦州は選挙の不正の仕方が異なります。
  • · これは六つの次元と六つの激戦州にまたがる千の切り傷による窃盗であって「特効薬」選挙のたった一つの不正行為というよりは。
  • · 合法的な苦情の増加を調査することを拒否する中で、反トランプメディアとソーシャルメディアの検閲は、アメリカ国民を真実から守るために共謀しています。これはメディアの信頼性と政治体制と共和国の安定を同時に損なう危険なゲームです。
  • · バイデン・ホワイトウォッシュ()となった大統領選に参加しているジャーナリスト、評論家、政治指導者たちは、選挙における不正の六つの側面を認め、2020年の選挙の真実を明らかにするために適切な調査を行うべきです。大統領就任式の日までにこれが行われなければ、米国国民の大部分の支持を欠いた非合法で非合法な大統領を権力の座につける危険があります。
  • · この報告書で評価された選挙不正の6つの側面を積極的かつ完全に調査しなかったことは、反トランプの主流メディアとソーシャルメディアの検閲だけでなく、立法と司法の両部門の信号の失敗です。
    • アリゾナ、ジョージア、ミシガン、ペンシルベニア、ウィスコンシンの六激戦州のうち五州の州議会の上下両院で、アリゾナ州とジョージア州の共和党知事と共和党の多数派がともに148この報告書で提示された選挙不正の六つの側面を調査する権力と機会の両方を持っていました。しかし、激しい政治的圧力の下で挫折したこれらの政治家たちは、憲法上の義務と責任を果たせず、その結果、国家と国家、そして政党の両方に失敗しました。
    • 州裁判所も連邦裁判所も、最高裁判所を含む連邦裁判所も、米国民が自らの目の前で起きた選挙違反に対して適切な判決を下すことを拒否したことはありません。彼らの失敗はアメリカ共和国に大きな危険をもたらします。
  • · もしこれらの不正選挙が大統領就任式前に十分に調査されず、それによって事実上放置されるならば、この国は再び公正な大統領選挙を行うことができなくなるという非常に現実的な危険を冒すことになります。1月5日にジョージア州で行われる上院の無投票選挙戦が、この差し迫った危険の最初のテストケースとなります。

30

エンドノート(ENDNOTES)


1宣誓供述書又は宣言書に署名した証人であって、本報告書において言及されているが、その氏名が公的記録において言及されていないもの、例えば、裁判所の判例は、性別に基づいて「ジェーン・ドウ」又は「ジョン・ドウ」と称されます。これは彼らの安全と安全を確保するために行われました。
2 Ballotopedia, 「州議会の議員構成」 2020年12月4日。https://ballotpedia.org/Partisan_composition_of_state_legislatures
3バンプだ、フィリップ。「どちらの候補が敗北に向かっているかほぼ常に予測する2つの州は」ワシントン・ポスト紙、2016年9月7日。https://www.washingtonpost.com/news/the-fix/wp/2016/09/07/the-two-states-that-almost-always-predict-which-candidate-is-headed-for-defeat/[LINK1]
*民主党候補の例外は、1960年のジョン・F・ケネディと1992年のビル・クリントンでした。
4ウィリアムズ、ピート。「トランプ氏の選挙戦には50を超える訴訟が含まれています。うまくいっていない」 。NBCニュース11月23日
2020.https://www.nbcnews.com/politics/2020-election/trump-s-election-fight-includes-over-30-lawsuits-it-s-n 1248289 (注)

5本報告書で言及されている宣誓供述書および宣言書に署名したすべての証人は、その安全と安全を確保するために、性別に基づいて「ジェーン・ドウ」および「ジョン・ドウ」と呼ばれます。
6 Bannon, Steve、War Room Pandemic、、 https://pandemic.warroom.org/
7ソロモン、ジョンただのニュースhttps://justthenews.com/john-solomon
8カッサム、ラヒーム、ナショナル・パルスhttps://americasvoice.news/the-national-pulse/
9 Newsmax、 https://www.newsmax.com/
10ワン・アメリカ・ニュース・ネットワーク、 https://www.oann.com/
11 「ほとんどの人がメールによる投票はうまくいったと言っているが、47%が詐欺の可能性があると言っています」。Rasmussenレポート、2020年12月7日。https://www.rasmussenreports.com/public_content/politics/elections/election_2020/most_say_mail_in_voting_work ed_but_47_say_frauds_likelyと入力します。
12リーガル・インフォーム、エーション・インスティテュート、 「賄賂」 、コーネル大学、https://www.law.cornell.edu/wex/bribery
13Bedard, Paul、「バイデン支持者運動は、アメリカ先住民に25ドルから500ドルのVisaギフトカードと宝石を投票に提供しました。」 Washington Examiner、2020年12月14日。https://www.washingtonexaminer.com/washington-secrets/pro-biden-effort-offered-native-americans-25-500-visa-gift-cards-jewelry-to-vote
14Pentochoukov, Ivan, 「2020年の選挙でいくつかの州で行われた違法な選挙のためのカネの恐喝事件」 Epoch Times、2020年12月2日。https://www.theepochtimes.com/illegal-money-for-votes-raffles-conducted-in-several-states-in-2020-election_3598915.html[LINK1]
15モーガン、ジェシー。証言。「USPSのトラック運転手が、彼の288, 000の積み荷が怪しいと言っている完了した投票用紙」2020年12月1日です。https://www.youtube.com/watch?v=R0xaA4dYsbQ[LINK1]
16ペンシルバニア州デラウェア郡ジョン・ドウの宣言、2020年11月9日。
17Bedard, Paul、「20人の下院共和党員がバーがジョージア州の投票用紙の『スーツケース』を調査するよう要求」 The Washington Examiner、2020年12月4日。https://www.washingtonexaminer.com/washington-secrets/20-house-gop-demand-ag-barr-investigate-suitcases-of-ballots-in-georgia
18「トランプ陣営の弁護士が投票詐欺のビデオ「証拠 」を公開」上院司法小委員会2020年12月4日。https://www.youtube.com/watch?v=LJ0xDWhWUxk[LINK1]
Real American Politics 2020年12月4日。https://twitter.com/RealAPolitics/status/1334754269052997635?s=20 19参照:例:Weber, Peter, 「ジョージア州の選挙調査官は、投票用紙、小便器のスーツケースが絡んだ不正投票の陰謀を暴露しました。」 2020年12月7日.。https://news.yahoo.com/georgias-top-election-investigator-debunks-115236191.html[LINK1]
20アリゾナ州地方裁判所、Tyler Bowyer et al v.。Doug Duce y, 2020年12月2日。https://www.democracydocket.com/wp-content/uploads/sites/45/2020/12/Bower-Complaint-AZ.pdf[LINK1]
21ジョージア州コブ郡ジェーン・ドウの宣誓供述書、2020年11月12日。
22ペンシルバニア州バックス郡ジェーン・ドウの宣言、2020年11月7日
23WisGOP, 「WisGOP:トランプの訴訟は、無期限に制限された有権者の増加を強調しています。」、 https://www.wispolitics.com/2020/wisgop-trump-lawsuit-highlights-indefinitely-confined-voter-increase/
24WisGOP, 「ウィスコンシン州共和党:無期限に拘束されている有権者の中には、無期限に拘束されていない人もいます。」、 https://www.wispolitics.com/2020/wisgop-some-indefinitely-confined-voters-are-not-indefinitely-confined/
25WisGOP, 「ウィスコンシン州共和党:無期限に拘束されている有権者の中には、無期限に拘束されていない人もいます。」、 https://www.wispolitics.com/2020/wisgop-some-indefinitely-confined-voters-are-not-indefinitely-confined/

31

26WisGOP, 「WisGOP:トランプの訴訟は、無期限に制限された有権者の増加を強調しています。」、 https://www.wispolitics.com/2020/wisgop-trump-lawsuit-highlights-indefinitely-confined-voter-increase/
27 法務 Informat ion 研究所 「18 U.S.Code§611.外国人による投票」

https://www.law.cornell.edu/uscode/text/18/611[LINK1]
28ジョージア州フルトン郡上級裁判所トランプ対ラッフェンスパーガー2020年12月4日。https://www.democracydocket.com/wp-content/uploads/sites/45/2020/12/Trump-v.-Raffensperger.pdf[LINK1]
29ジョージア州フルトン郡高等裁判所 2020年11月30日です。

https://www.democracydocket.com/wp-content/uploads/sites/45/2020/11/2020-11-30-Verified-Complaint.pdf
30ペンシルバニア州フィラデルフィア郡ジェーン・ドウの宣言、2020年11月8日。
31ネバダ州カーソン市第一地方裁判所においてJesse Law v.Judith Whitmer 2020年11月17日。https://www.democracydocket.com/wp-content/uploads/sites/45/2020/11/nov-17-doc-2.pdf
32ジョン・ドウの宣言、ラスベガス、ネバダ、2020年11月22日。
33「ルディ・ジュリアーニは、8, 000人の死者がペンシルベニア州の選挙で投票したと主張しています。」 2020年11月25日。
https://www.youtube.com/watch?v=2_VUkB2jAcg
関連項目
「ペンシルベニア州上院共和党議員2020年選挙の議事録を聴取」 Rev 2020年11月26日。
https://www.rev.com/blog/transcripts/pennsylvania-senate-republican-lawmaker-hearing-transcript-on-2020-election
34ミシガン州オークランド郡ジェーン・ドウの宣誓供述書2020年11月11日。
35ネバダ州クラーク郡ジョン・ドウの宣言、2020年11月7日。
36ジョージア州フルトン郡上級裁判所にてPaul Andrew Boland v Brad Raffensperger、 November
29, 2020.https://www.democracydocket.com/wp-content/uploads/sites/45/2020/11/2020-11-30-Verified-Complaint.pdf
37John Doeの声明 (ネバダ州ラスベガス、2020年11月20日) 。
38ウィスコンシン州ジェーン・ドウの宣言2020年11月12日。
39ミシガン州ウォッシュトノー郡ジェーン・ドウの宣誓供述書、2020年11月9日。
40年ノーザンプトン郡ジェーン・ドウの宣言、2020年11月8日。
41フィラデルフィア郡ジョン・ドウの宣言、2020年11月14日。
42ペンシルバニア州ノースハンプトン郡ジェーン・ドウの宣言、2020年11月7日。
43 John Doe, Michigan, Affidavit, 2020年11月10日。
44クラーク郡ジェーン・ドウの宣言2020年11月8日。
45 風船足類 「選挙人はどうやって署名を照合するのですか?(2020) 」

https://ballotpedia.org/How_do_election_workers_match_signatures%3F_(2020)
46年Democratic Party of Georgia, Inc. (以下、 「DPG」 )、 the DSCC、and the DCCC, Compromise Settlement and Release, 2020年3月6日。https://www.democracydocket.com/wp-content/uploads/sites/45/2020/07/GA-Settlement-1.pdf
47マダムスの令状請求および宣言的および間接的救済のための訴状、Daniel Rodimer v.Joseph Gloria、2020年11月19日。https://www.democracydocket.com/wp-content/uploads/sites/45/2020/11/Rodimer-v-Gloria_A-20-825130-W_Writ-of-Mandamus.pdf
48ネバダ州カーソン市第一地方裁判所においてJesse Law v.Judith Whitmer 2020年11月17日。https://www.democracydocket.com/wp-conent/uploads/sites/45/2020/11/nov-17-doc-2.pdf
49合衆国地方裁判所ウィスコンシン州ミルウォーキー東部地区事件ドナルド・J・トランプ対ウィスコンシン州選挙委員会事件2020年12月2日。https://www.democracydocket.com/wp-content/uploads/sites/45/2020/12/Trump-v-WEC-EDWI.pdf[LINK1]
50の気球メディア「ペンシルベニア州の州務長官」 https://ballotpedia.org/Pennsylvania_Secretary_of_State
51ペンシルバニア州中部地区連邦地方裁判所ドナルド・J・トランプ大統領他対。
キャシー ボックバー エート アル 11月 18 2020.

https://www.courtlistener.com/recap/gov.uscourts.pamd.127057/gov.uscourts.pamd.127057.169.0.pdf[LINK1]
52ペンシルバニア州中部地区連邦地方裁判所ドナルド・J・トランプ大統領他対。
キャシー ボックバー エート アル 11月 18 2020.

https://www.courtlistener.com/recap/gov.uscourts.pamd.127057/gov.uscourts.pamd.127057.169.0.pdf[LINK1]
53 ザ・イヤー 選挙 補助 欧州委員会 「投票所の建物」

https://www.eac.gov/sites/default/files/eac_assets/1/6/Chapter_5_Ballot_Building.pdf[LINK1]
54Harris, Bev, 「Chain of Custodyについて」 Election Watch、 2016年2月16日。https://blackboxvoting.org/about-chain-of-custody/[LINK1]
55ペンシルバニア州ジェーン・ドウの宣言、2020年11月7日。ノースハンプトン郡。
56ペンシルバニア州デラウェア郡ジョン・ドウの宣言、2020年11月7日。(3ピクチャ、2ビデオ)

57合衆国最高裁判所にて、テキサス州対ペンシルベニア州、ジョージア州
状態 の ミシガン州 状態 の ウィスコンシン州 12月 7, 2020.

https://www.texasattorneygeneral.gov/sites/default/files/images/admin/2020/Press/SCOTUSFiling.pdf[LINK1]
58 Chaitin, Daniel, 「Lindsey Graham:ペンシルバニア州で25, 000人の老人ホーム居住者が投票用紙を回収する可能性。」 Microsoft News 2020年11月10日。https://www.msn.com/en-us/news/politics/lindsey-graham-possible-ballot-harvesting-in-pennsylvania-involving-25-000-nursing-home-residents/ar-BB1aR3R4[LINK1]
59ウィスコンシン州ブルックフィールドのジェイン・ドウの宣誓供述書、2020年11月10日。
60ブラウン郡ジョン・ドウの宣言、2020年11月11日。
61 Greenberg, Jay 「ドミニオンの技術者が反トランプの元カマラ・ハリスの労働者として暴露」 2020年12月1日。https://neonnettle.com/news/13425-dominion-technician-exposed-as-anti-trump-ex-kamala-harris-worker
62年ウィスコンシン州ウォケシャ郡ジェーン・ドウの宣言2020年11月11日。
63 「‘USPS契約者:「大統領選挙期間中、ウィスコンシン州で何か深刻な問題が起こりました。」 2020年12月1日。https://www.youtube.com/watch?v=hRUvP6cbtZk&feature=youtu.be&t=69
参照先
イザベルのヴァン・ブルゲン「ウィスコンシン州のUSPSの下請け業者が数万件のメールインバルーンのバックデートを仕掛けます」 2020年12月2日。https://www.theepochtimes.com/wisconsin-usps-subcontractor-alleges-backdating-of-tens-of-thousands-of-mail-in-ballots_3601580.html
64ミシガン州司法管区、 Cheryl A.Constantino and David A.Kallman v.City of Detroit、 2020年11月8日。https://assets.documentcloud.org/documents/20403147/wayne-county-michigan-election-fraud-lawsuit.pdf[LINK1]
65ミシガン州オークランド郡ジェーン・ドウの宣誓供述書2020年11月10日。
66年ジョージア州コブ郡ジョン・ドウの宣言、2020年11月5日。
67宣誓供述書コロラド州イーグル郡ジョン・ドウ2020年11月12日。
68ジョン・マクブレイン宣言エスクワイア。参照、 The Supreme Court of the United States、 State of Texas v.Commonwealth of Pennsylvania, State of Georgia, State of Michigan, and State of Wisconsin 2020年12月7日。https://www.supremecourt.gov/DocketPDF/22/22O155/163048/20201208132827887_TX-v-State-ExpedMot%202020-12-07%20FINAL.pdf[LINK1]
69ジョージア州グウィネット郡ジェーン・ドウの宣誓供述書、2020年11月12日。
70宣誓供述書ウィスコンシン州ウォケシャ郡ジョン・ドウ2020年11月10日。
71ネバダ州クラーク郡ジェーン・ドウの宣誓供述書2020年11月10日。
72ジョン・マクブレイン宣言、エスクワイア。2020年12月7日、合衆国最高裁判所、テキサス州対ペンシルベニア州、ジョージア州、ミシガン州及びウィスコンシン州を参照。https://www.supremecourt.gov/DocketPDF/22/22O155/163048/20201208132827887_TX-v-State-ExpedMot%202020-12-07%20FINAL.pdf[LINK1]
73ジョン・ドウの宣誓供述書2020年11月10日ウィスコンシン州ウォケシャ郡。
74ジョン・マクブレイン宣言エスクワイア。参照、 The Supreme Court of the United States、 State of Texas v.Commonwealth of Pennsylvania, State of Georgia, State of Michigan, and State of Wisconsin 2020年12月7日。https://www.supremecourt.gov/DocketPDF/22/22O155/163048/20201208132827887_TX-v-State-ExpedMot%202020-12-07%20FINAL.pdf[LINK1]
75ジョージア州フルトン郡上級裁判所トランプ対ラッフェンスパーガー2020年12月4日。https://www.democracydocket.com/wp-content/uploads/sites/45/2020/12/Trump-v.-Raffensperger.pdf[LINK1]
76 Liptak, Adam, 「ペンシルベニア州とノースカロライナ州の不在者投票の期限延長を米最高裁が認めます」 New York Times、 2020年10月28日。https://www.nytimes.com/2020/10/28/us/supreme-court-pennsylvania-north-carolina-absentee-ballots.html[LINK1]
77 Southwick, Ron, 「ペンシルベニア州。投票終了後1万票を獲得しました」 PennLive Nov 10, 2020。https://www.pennlive.com/elections/2020/11/pa-received-10000-late-ballots-that-arrived-after-polls-closed-on-election-day.html[LINK1]
78ペンシルバニア州デラウェア郡ジェーン・ドウの宣言、2020年11月7日。
79ウィスコンシン最高裁判所「Donald J.Trump et al.v.Anthony Evers et al. (Donald J.Trump et al.対Anthony Evers et al.)」、2020年12月1日。https://cdn.donaldjtrump.com/public-files/press_assets/wisconsin-filing-12-1-20_compressed.pdf
80ウィスコンシン州オーククリークのジェーン・ドウの宣言、2020年11月11日。
81ジョージア州フルトン郡上級裁判所トランプ対ラッフェンスパーガー2020年12月4日。https://www.democracydocket.com/wp-content/uploads/sites/45/2020/12/Trump-v.-Raffensperger.pdf[LINK1]
82ペンシルバニア州モンゴメリー郡ジョン・ドウの宣言、2020年11月7日。
83ペンシルバニア州アレゲーニー郡ジョン・ドウの宣言、2020年11月9日。
84ミシガン州インガム郡ジョン・ドウの宣言、2020年11月11日。
85ミシガン州インガム郡ジェーン・ドウの宣言、2020年11月11日。
33

86ジェーン・ドウの宣言、イリノイ州ウィートン、2020年11月9日。
87 「不在者投票および郵送投票の治癒期間」 Ballotpedia 20年12月14日アクセス。https://ballotpedia.org/Cure_period_for_absentee_and_mail-in_ballots
88 「不在者投票および郵送投票の治癒期間」 Ballotpedia 20年12月14日アクセス。https://ballotpedia.org/Cure_period_for_absentee_and_mail-in_ballots
89ペンシルバニア州センター郡ジェーン・ドウの宣言、2020年11月11日。
90ペンシルバニア州中部地区連邦地方裁判所ドナルド・J・トランプ大統領他対。
キャシー ボックバー エート アル 11月 18, 2020.

https://www.courtlistener.com/recap/gov.uscourts.pamd.127057/gov.uscourts.pamd.127057.169.0.pdf[LINK1]
91ペンシルバニア州中部地区連邦地方裁判所ドナルド・J・トランプ大統領他対。
キャシー ボックバー エート アル 11月 18, 2020.

https://www.courtlistener.com/recap/gov.uscourts.pamd.127057/gov.uscourts.pamd.127057.169.0.pdf[LINK1]
92ウィスコンシン州ミルウォーキー郡バーソロミューW.およびジーンB.W.の宣言、2020年11月16日。参照https :// www.jsonline.com/story/news/2020/11/11/fact-check-republicans-claim-wisconsin-clerks-illegly-alteed-ballots/6234023002/
93ペンシルバニア州デラウェア郡ジョン・ドウの宣言、2020年11月9日。
94ミシガン州控訴裁判所「ドナルド・J・トランプが大統領他に選出されました。al v.ジョセリン・ベンソン」 2020年11月30日。https://www.democracydocket.com/wp-content/uploads/sites/45/2020/11/Trump-brief-FINAL.pdf[LINK1]
95ミシガン州ウォッシュトノー郡ジェーン・ドウの宣誓供述書、2020年11月9日。
96 コーネル 大学 「平等な保護」 法務 情報 研究所https://www.law.cornell.edu/wex/equal_protection[LINK1]
97 Lai, Jonathan et al.は、 「Joe Bidenはペンシルバニア州の4つの郵便投票のうち3つを獲得しました。トランプは3票中2票を獲得しました
人。 何 します それは 平均 の の 未来?「」 ザ・イヤー フィラデルフィア お聞きください。https://www.inquirer.com/politics/election/mail-ballots-pennsylvania-election-trump-biden-20201119.html[LINK1]
98ウィスコンシン州ミルウォーキー郡ジョン・ドウの宣言、2020年11月11日
99ブレア郡、バークス郡、ランカスター郡、カーボン郡、クリントン郡、ライカミング郡、ドーフォイン郡、ペリー郡。
100 Joseph D.Hamm v.Kathy Boockvar.、 Commonwealth Court of Pennsylvania, 2020年11月3日.。http://www.pacourts.us/assets/files/setting-7723/file-10362.pdf?cb=f327ff[LINK1]
101アリゾナ国務長官「有権者が特定の投票問題を修正する時間は限られています。」、2020年11月9日。https://azsos.gov/about-office/media-center/press-releases/1248
102アリゾナ州地方裁判所、Tyler Bowyer et al v.。Doug Duce y, 2020年12月2日。https://www.democracydocket.com/wp-content/uploads/sites/45/2020/12/Bower-Complaint-AZ.pdf[LINK1]
103 National Conference of State Legislatures、 「投票ウォッチャーとチャレンジャー」 2020年10月1日。https://www.ncsl.org/research/elections-and-campaigns/poll-watcher-qualifications.aspx[LINK1]
104 National Conference of State Legislatures、 「投票ウォッチャーとチャレンジャー」 2020年10月1日。https://www.ncsl.org/research/elections-and-campaigns/poll-watcher-qualifications.aspx[LINK1]
105ジョージア州ロックデール郡ジェーン・ドウの宣誓供述書2020年11月。
106ペンシルバニア州フィラデルフィアのジョン・ドウの宣言、2020年11月8日。
107ウィスコンシン州ブルックフィールドのジェイン・ドウの宣誓供述書、2020年11月10日。
108 風船足類 「州別の投票装置および投票方法」

https://ballotpedia.org/Voting_methods_and_equipment_by_state
109 風船足類 「州別の投票装置および投票方法」

https://ballotpedia.org/Voting_methods_and_equipment_by_state
110、Dominion Voting Systems,”About”、https://www.dominionvoting.com/about/
111 Varnona, Frank 「2020年ドミニオン有権者システムによる盗難選挙–ハンマー&スコアカード」 Conservative Business Journal, https://www.conservativebusinessjournal.com/2020-stolen-election-hammer-and-scorecard/
112クリントン財団、 「デリアン計画」 https://www.clintonfoundation.org/clinton-global-initiative/co mmitments/delian-project-democracy-through-technology[LINK1]
113例えば、Smartmaticの会長Mark Malloch-BrownはGeorge SorosのOpen Societyの役員です。
基礎。オープン社会財団、リーダーシップhttps://www.opensocietyfoundations.org/who-we-は/leadership/mark-malloch-brownです。
114ネバダ州カーソン市の第一裁判所「Jesse Law et al.v.Judith Whitmer et al.,」 2020年11月17日。https://www.democracydocket.com/wp-content/uploads/sites/45/2020/11/nov-17-doc-2.pdf[LINK1]
115ネバダ州カーソン市の第一裁判所「Jesse Law et al.v.Judith Whitmer et al.,」 2020年11月17日。
https://www.democracydocket.com/wp-content/uploads/sites/45/2020/11/nov-17-doc-2.pdf
34

116 「ネバダ州の法律に違反して、クラーク郡選挙局は、郵便投票用紙に添付された署名の30%だけを、人間的に検査することなく、Agilis社のマシンが検証できるようにしています」。
117 Maricopa郡における、および同郡のためのアリゾナ州高等裁判所、「Kelli Ward v.Constance Jackson et al.」、2020年11月24日。https://assets.documentcloud.org/documents/20417265/ward-v-jackson-complaint-and-petition-for-discovery.pdf[LINK1]
118 Maricopa郡における、および同郡のためのアリゾナ州高等裁判所、「Kelli Ward v.Constance Jackson et al.」、2020年11月24日。https://assets.documentcloud.org/documents/20417265/ward-v-jackson-complaint-and-petition-for-discovery.pdf[LINK1]
119 宣誓供述書 の ジョン ドウ ダラス 郡 テキサスです。 11月 17, 2020.

https://www.courtlistener.com/recap/gov.uscourts.gand.283580/gov.uscourts.gand.283580.7.1_2.pdf[LINK1]
120ラムスランド・ジュニアラッセルです。「Antrim Michigan Forensics Report. (ミシガン州科学捜査報告書) 。」ウィリアム・ベイリー対アントリム郡裁判
12月 13, 2020.

https://depernolaw.com/uploads/2/7/0/2/27029178/antrim_michigan_forensics_report_ [121320] v 2 [編集済み] .pdf
121「2002年FEC投票システム基準-3.2.1精度要件からの抜粋。」ミシガン州務長官。https://www.michigan.gov/sos/0,4670, 7-127-1583-130621–、00.html
122「ドキュメント保持スケジュール。」ミシガン州選挙局、 May 2019.。https://www.michigan.gov/documents/sos/Document_Retention_Schedule_412493_7.pdf[LINK1]
123スペリーポール。「ジョージア州の投票不正:バイデン氏の2万票の急増という奇妙な事件。」市民2020年11月15日。https://thecitizen.com/2020/11/15/georgia-voting-irregularities-the-curious-case-of-bidens-20000-vote-surge/[LINK1]
124 Parks, Miles, 「一部のメールインバルーンが無効として拒否される理由」 NPR 2020年10月4日。https://www.npr.org/2020/10/04/920175418/why-some-mail-in-ballots-are-rejected-as-invalid
125 Livingston, Doug, 「不在者投票が拒否されるのはなぜか?」 USA Today、 2020年9月21日。https :// www.beaconjournal.com/story/news/2020/09/21/why-absentee-ballots-rejected-presidented-and-other-elections/3486553001/ (英語)
126 Livingston, Doug, 「不在者投票が拒否されるのはなぜか?」 USA Today、 2020年9月21日。https :// www.beaconjournal.com/story/news/2020/09/21/why-absentee-ballots-rejected-presidented-and-other-elections/3486553001/ (英語)
127選挙支援委員会、「選挙管理・投票調査;米国議会への報告」、2016。https://www.eac.gov/sites/default/files/eac_assets/1/6/2016_EAVS_Comprehensive_Report.pdf
128Ballotopedia、「2020年選挙結果:却下された投票用紙の分析」 2020年12月11日。
https://ballotpedia.org/Election_results,_2020:_Analysis_of_rejected_ballots
関連項目
ネバダ州務長官局バーバラ・K・セガフスク「2020総選挙投票結果メール投票情報」
https://www.nvsos.gov/sos/home/showdocument?id=9058
129選挙支援委員会、「選挙管理・投票調査;米国議会への報告」、2016。https://www.eac.gov/sites/default/files/eac_assets/1/6/2016_EAVS_Comprehensive_Report.pdf
130Ballotopedia、 「2020年選挙結果:却下された投票用紙の分析」 2020年12月11日。
https://ballotpedia.org/Election_results,_2020:_Analysis_of_rejected_ballots
関連項目
U.S. 選挙プロジェクト、「ペンシルバニア州の投票速報」、2020年11月20日。
https://electproject.github.io/Early-Vote-2020G/PA.html
131年選挙支援委員会、「選挙管理・投票調査;米国議会への報告」、2016。https://www.eac.gov/sites/default/files/eac_assets/1/6/2016_EAVS_Comprehensive_Report.pdf
132ジョージア州フルトン郡上級裁判所トランプ対ラッフェンスパーガー2020年12月4日。https://www.democracydocket.com/wp-content/uploads/sites/45/2020/12/Trump-v.-Raffensperger.pdf[LINK1]
133たとえば、ペンシルバニア州では、不在者/郵送による投票の4人に3人がジョー・バイデンに行ったhttps://www.inquirer.com/politics/election/mail-ballots-pennsylvania-election-trump-biden-20201119.htmlウィスコンシン州ミルウォーキーでは、不在者/郵送による投票の84%がジョー・バイデンに行ったhttps://www.tmj4.com/news/election-2020/no-joe-biden-did-not-get-100-percent-of-all-milwaukee-absentee-ballots
134 Heine, Debra, 「数学者によると、バイデンはアリゾナ州マリコパ郡で民主党票の130%を獲得した可能性があります。」 2020年12月2日。https://themichiganstar.com/2020/12/02/mathematician-says-biden-may-have-received-130-percent-of-the-democrat-vote-in-maricopa-county-arizona/
135 宣誓供述書 の ラッセル R.さん ダラス 郡 テキサスです。 11月 17, 2020.

https://www.courtlistener.com/recap/gov.uscourts.gand.283580/gov.uscourts.gand.283580.7.1 2.pdf
35

136 Milwaukee City Wire News Service、「分析:ミルウォーキーの五つの選挙区が2020年の大統領選挙で89%の投票率を報告;バイデンは都市部で146 Kの票を集め」、2020年11月4日。https://mkecitywire.com/stories/564495243-analysis-seven-milwaukee-wards-report-more-2020-presidential-votes-than-registered-voters-biden-nets-146k-votes-in-city[LINK1]
137 Milwaukee City Wire News Service、「分析:ミルウォーキーの五つの選挙区が2020年の大統領選挙で89%の投票率を報告;バイデンは都市部で146 Kの票を集め」、2020年11月4日。https://mkecitywire.com/stories/564495243-analysis-seven-milwaukee-wards-report-more-2020-presidential-votes-than-registered-voters-biden-nets-146k-votes-in-city[LINK1]
138ドルジェレミー。「共和党の訴訟では、クイーン・クリークの「重複します 」票に疑問が投げかけられています。」 San Tan Valley Sentinel 11月
27, 2020. https://www.pinalcentral.com/san_tan_valley_sentinel/local_news/gop-lawsuit-questions-duplicate-

女声投票/article_ee9557d0-97e4-53e9-a269-5beb4b64370a.html
139 In the Superior Court of Arizona in and For the County of Maricopa、Kelli Ward v.Constance Jackson et al.、2020年11月24日。https://assets.documentcloud.org/documents/20417265/ward-v-jackson-complaint-and-petition-for-discovery.pdf[LINK1]
140有権者統合プロジェクト「投票数の異常と2020年選挙への影響」 2020年11月24日。https://votepatternanalysis.substack.com/p/voting-anomalies-2020
141有権者統合プロジェクト「投票数の異常と2020年選挙への影響」 2020年11月24日。https://votepatternanalysis.substack.com/p/voting-anomalies-2020
142有権者統合プロジェクト「投票数の異常と2020年選挙への影響」 2020年11月24日。https://votepatternanalysis.substack.com/p/voting-anomalies-2020
143News Now、 「ミシガン州の共和党議員は嫌がらせを受け、投票を変えることを余儀なくされました。」 2020年11月18日。https://www.youtube.com/watch?v=YW1YzQY_1Ro[LINK1]
ダウリング、 M.「ミシガン州最大の郡が選挙の認証を拒否-最新情報、悪の勝利、」独立センチネル2020年11月17日。https://www.independentsentinel.com/michigans-largest-county-refuses-to-certify-the-election/関連項目
政治経済研究所「Wayne County Michiganが選挙証明書を取り下げ、セキュリティ専門家がミシガン州は盗まれたと結論。」 https://www.newsbreak.com/news/2105758771365/wayne-county-michigan-withdraws-election-certification-security-expert-concludes-michigan-was-stolen
144 Pentchoukov, Ivan, 「2020年の選挙では、いくつかの州で違法な選挙違反が行なわれました。」 12月
1, 2020.https://www.theepochtimes.com/illegal-money-for-votes-raffles-conducted-in-several-states-in-2020-election_3598915.html
145、Ballotopedia、「州議会の議員構成」、2020年12月4日。https://ballotpedia.org/Partisan_composition_of_state_legislatures
146テキサス州対ペンシルベニア州、ジョージア州、ミシガン州、ウィスコンシン州
「不服申立書提出の申立て」 12月 7, 2020.

https://www.supremecourt.gov/DocketPDF/22/22O155/162953/20201207234611533_TX-v-State-Motion-2020-12-07%20FINAL.pdfページ。1
147テキサス州対ペンシルベニア州、ジョージア州、ミシガン州、ウィスコンシン州
「不服申立書提出の申立て」 12月 7, 2020.

https://www.supremecourt.gov/DocketPDF/22/22O155/162953/20201207234611533_TX-v-State-Motion-2020-12-07%20FINAL.pdfページ。1
148の気球メディア 「州議会の党派的構成」 12月 4, 2020.

https://ballotpedia.org/Partisan州議会の構成

36page end (hejre kati)

コメント

  1. Chiron より:

    こんにちは。
    突然のお願いで失礼します。
    もしかしたらご存知かも知れませんが、
    我那覇真子さんと言う沖縄出身のフリージャーナリストがいます。
    今、パウエル弁護士の大統領選挙不正に関するレポートを翻訳しようとしています。
    これに関する事を調べていた所、
    あなたのブログにたどり着きました。
    そこで、お願いがあります。
    我那覇さんの事を手伝って頂けないでしょうか。
    詳細は以下のツイートになります。
    https://twitter.com/ganaha_masako/status/1343349854609666050?s=19

    ご迷惑でなければ、どうぞよろしくお願いします。

    • アイレ カティ アイレ カティ より:

      チロンさん!
      HP開設以来の初コメントになります~ありがと~
      なになに?我那覇真子さん。おおワシントンとかで生中継をしてくれている、メディア界のジャンヌダルクですよね。
      そうか!沖縄出身だよね。ありがとうございます。内容チェックしてみますね^^♪

タイトルとURLをコピーしました
Close Bitnami banner
Bitnami