線里眼 隠された秘密

[トランプ大統領の重大発表:黒幕はベネチアの黒い貴族]ドイツのサーバーを通じてローマの米国大使館から米国大統領選挙は盗まれた(U.S. presidential election stolen from U.S. Embassy in Rome through German server)

US ELECTION INTERFERENCE : VATICAN BLACKOUT
US ELECTION INTERFERENCE : VATICAN BLACKOUT
隠蔽は彼らの信仰の頂点でした。 
イルミネーションは私たちのオーロラです。
光の列聖から私たちを減らすだろう人々に権力の叙階をもたらしたどんな製作も、
彼ら自身を永続的な闘争の状態に夢中にさせました。(by JFK Jr)

こちらの重大スクープ情報は近日中にトランプ大統領(チーム)が世界に向けて発信します。
どのように入手できたか説明致します。私は便利なライブラリであるSeleniumで世界中の不正選挙に関する情報を自動収集しています。
そして集まった膨大なビッグデータからGCPの感情分析API(analyzeSentiment)でフィルターをかけ印象操作記事をゴミ箱に捨てて
最後にKerasをつかった簡単ディープラーニング技術でこれまでの膨大なフェイクニュースに教師ラベルをつけて音声の照合を行い、本物の情報かどうかと特定します。2021年元旦にバイデン宅にトランプ大統領側のアメリカ特殊部隊が入り、あらゆる証拠を入手。地下には迷宮への階段ががあったそうです。小学生のときドラクエに衝撃を受けてドラクエ2買うのに川崎のサントイスで徹夜しましたが、これはまさに竜王の城の玉座裏の隠し階段を彷彿させます。それはさておき、今回見事に探しあてたPythonプログラムは平和が訪れたら中学生のソフト教材として公開します。

今回の情報はパウエル弁護士の声紋”Daniele Capezzone(ダニエル・カプツォーネ)”というジャーナリストの情報を捉え
イタリアの DAG-SPIA というタブロイド紙に2020/12/3にアップされた記事に辿り着き、それをもとに
2021/1/6のNOQ Reportという南カリフォルニアを拠点とする独立系の報道機関の投稿に行きつきました。

これら2つの記事に加えて、一つの動画を全文翻訳しています。イタリアはローマにる米大使館からの不正操作ということで、ドイツにあるドミニオンサーバをどこから操作したのかがついに判明したわけです。それがなんと同盟国のイタリアでNATO軍の中枢だったのです。ラトクリフ情報長官が12/14に外国勢力からの選挙妨害資料の発表を見送らせた理由はこれだったのです。発表前に相当な準備が必要でしょう。記事の本編に入る前にローマの米大使館の位置をご確認ください。なんと川を挟んでバチカン宮殿までたったの3キロ。若者的に言うと目黒から渋谷、神奈川県的に言うと箱根湯本から大平台、沖縄でいうと与儀十字路から古島駅。川崎駅から蒲田駅まで4キロなので、とにかく目と鼻の先です。本当の黒幕は最わかりましたね。長年に渡って聖書を書き換え、キリスト教会システムで世界を洗脳し続けたバチカンのローマ教皇(ローマ法王)です。そしていままで不正に間接直接かかわってきた国は”イタリア・イラン・中国・ウクライナ・ロシア・セルビア”証拠がでているだけでもこんなに沢山。EU諸国は?カナダ・ドイツ・フランス・イギリス・日本からバイデンに祝電送ってましたよね?日本は単に寝ぼけてただけと信じても、メルケル首相だってもともと、共産国東ドイツの出身ですし、イギリスはいうまでもなく、カナダももともとイギリス領。トランプ大統領は就任当初からずっと攻撃にさらされていました。今回の投稿でようやく軍事裁判を開くのに十分すぎるほどの情報が公開されたと思いますが、極東裁判を思い出してみてください。パール判事以外まともな判事はいましたか?トランプ大統領はパウエル弁護士を指名していましたが、もはや正攻法で国際社会に訴えることもしない気がしますので、水面下で動いていいると思います。ドイツでドミニオンサーバを押収したときのように。今メディアだけでなく、アップル・AMAZONも含めたビッグテック企業がトランプ大統領を総攻撃しています。(Twitter、Facebookの避難先SNSパーラーがアップルストアから、AWSから削除)日本政府のメインクラウドはAWS。デジタル庁の初大仕事はAWSから国産クラウドへの移行作業でしょう。ともかく国連を敵に回してでも奮闘する今のトランプ大統領率いるアメリカが、戦前の日本と重なりませんか?ひょっとしたらこういった状況下で国際連盟から脱退したのかもしれません。目次のあとがきにも書きましたが、これは戦前の日本の状況を想像し、日本という国の真実を身をもって知ることができるまたとないチャンスなのです。
(僕がこの記事を公開した1/7の翌日。2021/1/8 本当にリンウッド弁護士から同様の発表がありました。1/9 アイレカティ追記)

私、沖縄映像文化研究所 事務局長 アイレカティこと山田 宏道 は 元々はCANONのエンジニアでした。
CANONに入社を決めた理由は、当時社長だった賀来龍三郎氏の著書「日本の危機―国と企業をいかに再生すべきか」を大学の時に読み
”新しい理念を持った国家を造る”にはどうするべきか?政治腐敗に失望し大学行脚を行う賀来龍三郎氏の姿を見たからでした。
(参考:『共生』の理念を実現する遷都を – 国会等の移転ホームページ – 国土交通省 (mlit.go.jp)
ここで書かれている『共生の理念』というものは、今日のグローバリズムとは性質の異なるもので、
不毛な競争から脱却した、漁労・農耕民族にある思想共生の発展形ともいうべき思想です。
そういったメッセージは音楽でも発信したいと思い2000年には『ガスバシ!』というアルバムを発表し
川崎の高校の同級生とバンドも組んで音楽活動もしていました。それからちょうど20年が経ちました。日本はどうなったでしょうか?
「以和爲貴、無忤爲宗」(和をなによりも大切なものとして、争わないように)いい言葉ですね。
私はCANON退社後、沖縄で末期ガンと闘病しながら映画を撮り続ける”大重潤一郎監督”に出会い、沖縄映像文化研究所というところで
沖縄久高島を舞台にした足掛け15年にもわたる島の再生を綴ったドキュメンタリー映画『久高オデッセイ 第三部 風章』を制作しました。
監督は初上映の数週間後に永眠しましたが、なぜ命をかけてまでして映画を創ったのか。ヒントになるこんな言葉がありました。

”久高島はラストランナーがトップランナーになりうる、現代の一番大切な問題を手探りしている場だ”

この意味は言葉で伝えるのは難しいのですが、上記にあるリンク先の予告編をみていただくと伝わるかと思います。
僕は昭和50年生まれの45歳なので、自分より年上の昭和世代と、年下の平成・令和時代ののりしろになれればと思っています。
そういった思いで去年の2020年の11月25日。パウエル弁護士のクラーケンをきっかけにアイレカティのペンネームでこのHPを立ち上げました。
今回の投稿は、明日以降にトランプチーム(パウエル弁護士・ジュリアーニ弁護士・リンウッド弁護士)からの重大発表として
話される内容であり、このホームページのターニングポイントになると思います。
どうかこれを見てくれる皆さんと世代を超えて繋がり日本の未来を創造していけたらと願っています。

          2021年 1月7日 沖縄映像文化研究所 アイレカティ

ローマにある米国大使館からバチカン宮殿まではたった3キロ
ローマの米大使館からハッキングしたArturo D’Eliaの宣誓供述書(リンウッド弁護士のパーラーアカウントより入手)

上記は決定的な不正選挙の証拠であり、このタイミングで公開に踏み切ったのは共和党内のうみ出しも終わってきたので
国民の混乱を鎮めるためと思われます。以下は全和訳のbonafidr.comサイト。大紀元系メディアととbonafidr.comに感謝ですね。

【全訳】米国大統領選挙での票の書き換えはローマにある米国大使館の職員たちの指示で行われた——実際の作業を行った人物の証言を記した宣誓供述書が公表される – (bonafidr.com)

      (※それでは投稿の本編になります

トランプを排除するための選挙データスイッチ詐欺の背後にあるコンテ、レオナルドSpA、および米国大使館

Conte, Leonardo SpA and the U.S. Embassy behind the Election Data Switch fraud to take out Trump

Italy and Conte played a key role in the international cyber plot to take out Trump. Leonardo Finmeccanica’s Cyber Warfare satellites are among the means used.
by Guest Post January 6, 2021 in Deep State, Election 2020, EU, Foreign Affairs, Intelligence, Opinions

イタリアとコンテは、トランプを排除するための国際的なサイバー計画で重要な役割を果たしました。レオナルドフィンメカニカのサイバー戦争衛星は、使用される手段の1つです。
ユーザーレビューポスト 2021年1月6日 で ディープ州、選挙2020年、EU、外務省、インテリジェンス、意見

“The Italian Government and Prime Minister Giuseppe Conte are directly involved in the electoral fraud that affected the American elections leading to Joe Biden’s pending illegal victory.”

「イタリア政府とジュゼッペコンテ首相は、ジョーバイデンの保留中の違法な勝利につながるアメリカの選挙に影響を与えた不正選挙に直接関与しています。」

Editor’s Note: What follows is an article purportedly written by “Riccardo Corsetto” sent to NOQ Report through a media contact with Nations in Action. We have not independently verified it but felt it was necessary to put out there considering the late hour in this election cycle.

編集者注:どのような次はうわさによれば、とメディアの接触を通じてNOQレポートに送信された「リッカルドCorsetto」によって書かれた記事で活動する国連。独自に検証したわけではありませんが、今回の選挙サイクルの深夜を考えると、そこに出す必要があると感じました。

According to US investigative sources working here in Italy since 18 November 2020, it was the US Embassy in Rome who coordinated the data manipulation of votes cast for President Trump to Joe Biden, with the technical complicity of Leonardo SpA, a company that is 31% owned by the Italian Government and generates more than half of its multi-billion USD annual revenue from its US based subsidiary. Leonardo DRS whose chief executive officer, William Lynn III, was formerly the undersecretary of defense during the Clinton Administration. Leonardo DRS is actively pursing a public listing on the NYSE in 2021.

2020年11月18日以来ここイタリアで働いている米国の調査筋によると、トランプ大統領がジョー・バイデンに投じた投票のデータ操作を調整したのはローマの米国大使館であり、31%の企業であるレオナルドSpAの技術的共謀でした。イタリア政府が所有し、米国を拠点とする子会社からの数十億米ドルの年間収益の半分以上を生み出しています。最高経営責任者であるウィリアム・リンIIIがクリントン政権時代に元国防次官を務めていたレオナルドDRS。Leonardo DRSは、2021年にニューヨーク証券取引所に上場することを積極的に推進しています。

Leonardo SpA, formerly known as Finmeccanica underwent a name change in January 2017. According to individuals who carried out the data switch operation under the direction of US intelligence officials in the American Embassy, they utilized one of Leonardo’s advanced military spec (cyber warfare) satellites to transmit manipulated votes back to Frankfurt servers and on to the United States, as reported by the journalist Cesare Sacchetti. Leonardo S.p.A. it is the largest industrial company in Italy and is active in the fields of defense, aerospace and cyber security. The largest shareholder is the Italian Ministry of Economy and Finance, which owns a share of approximately 31%.

以前はフィンメカニカとして知られていたレオナルドSpAは、2017年1月に名前が変更されました。アメリカ大使館の米国諜報当局の指示の下でデータ切り替え操作を実行した個人によると、彼らはレオナルドの高度な軍事仕様(サイバー戦争)衛星の1つを利用しましたジャーナリストのCesareSacchettiが報告したように、操作された投票をフランクフルトのサーバーと米国に送り返すこと。Leonardo SpAはイタリア最大の産業会社であり、防衛、航空宇宙、サイバーセキュリティの分野で活躍しています。最大の株主はイタリア経済財務省であり、約31%の株式を所有しています。

Leonardo-Finmeccanica merged the activities of previously controlled companies such as AgustaWestland, Alenia Aermacchi, Selex ES, OTO Melara and Wass. Leonardo is the tenth largest defense company in the world and the third largest in Europe with revenues from the defense sector representing 68% of its annual revenue. The company is listed on the FTSE MIB index of the Milan Stock Exchange. The company is structured in five operational divisions: Helicopters, Aircraft, Aerostructures, Electronics and Cyber Systems for Security and information. In Fiscal Year 2020, the US Government awarded nearly $1B in cyber security, intelligence and defense contracts to Leonardo SpA. The former chairman of Leonardo is Gianni De Gennora who left Leonardo in May 2020.

Leonardo-Finmeccanicaは、AgustaWestland、Alenia Aermacchi、Selex ES、OTO Melara、Wassなどの以前に管理されていた企業の活動を統合しました。レオナルドは世界で10番目に大きい防衛会社であり、ヨーロッパで3番目に大きい防衛部門であり、防衛部門からの収益は年間収益の68%を占めています。同社はミラノ証券取引所のFTSEMIBインデックスに上場しています。同社は、ヘリコプター、航空機、航空構造、電子機器、セキュリティと情報のためのサイバーシステムの5つの運用部門で構成されています。2020会計年度に、米国政府はレオナルドSpAにサイバーセキュリティ、インテリジェンス、および防衛契約で10億ドル近くを授与しました。レオナルドの前会長は、2020年5月にレオナルドを去ったジャンニ・デ・ジェノラです。

Leonardo SpA Chief Executive Officer Alessandro Profuma, a former banker who in October 2020 was condemned for the scandal of Banca di Monte Paschi di Siena. Alessandro Profumo was appointed by the Gentiioni Government and reconfirmed by Prime Minister Giuseppe Conte. The same Profuma was recently sentenced to six years for banking irregularities by Italian courts.

One of the board of directors of Leondardo SpA (2017) was Professor Guido Alpa, a former law partner of Giuseppe Conte in Rome.

Prime Minister Giuseppe Conte in recent days had been the subject of press articles about plans to establish private intelligence agencies.

レオナルドSpA最高経営責任者アレッサンドロプロフマ、2020年10月にバンカディモンテパスキディシエナのスキャンダルで非難された元銀行家。アレサンドロ・プロフモは、ゲンティオーニ政府によって任命され、ジュゼッペ・コンテ首相によって再確認されました。同じProfumaは最近、イタリアの裁判所によって銀行の不正行為で6年の刑を宣告されました。

Leondardo SpA(2017)の取締役会の1つは、ローマのジュゼッペコンテの元法律パートナーであるGuidoAlpa教授でした。

最近のジュゼッペコンテ首相は、民間諜報機関を設立する計画についての報道記事の主題でした。

・The involvement of the Italian Government through Leonardo SpA

・レオナルドSpAを通じたイタリア政府の関与

The Conte Government is believed to have played a key role in the international coup that would have compromised President Donald Trump’s reelection.

Switzerland has recently come under heavy accusation of complicity in the alleged cyber coup, as claimed by Neal Sutz, a Swiss-American blogger, who denounced Switzerland’s active role in US presidential fraud.

コンテ政府は、ドナルド・トランプ大統領の再選を危うくしたであろう国際クーデターにおいて重要な役割を果たしたと信じられています。

スイスは最近、米国大統領の詐欺におけるスイスの積極的な役割を非難したスイス系アメリカ人のブロガー、ニール・スッツが主張するように、サイバークーデターの容疑で共犯の激しい非難を受けています。

・Scylt, Swiss software linked to Dominion Voting Machines

・Scylt、Dominion VotingMachinesにリンクされたスイスのソフトウェア

It all starts with Scylt, denounced Neal Sutz, a software purchased by the Swiss national postal service , which is directly implemented in Dominion Voting Machines at the center of the US election scandal, directly linked to the tycoon George Soros.

それはすべて、スイスの全国郵便局が購入したソフトウェアであるScylt、非難されたNeal Sutzから始まります。これは、米国の選挙スキャンダルの中心にあるDominion Voting Machinesに直接実装され、大物ジョージ・ソロスに直接リンクされています。

According to Sutz, Switzerland never informed the Trump Administration of the serious flaws in the Scylt software, well known to the Swiss Government, and added that it had evidence of the plot that President Trump’s lawyers would acquire.

ズツによれば、スイスはトランプ政権に、スイス政府によく知られているScyltソフトウェアの重大な欠陥について通知したことはなく、トランプ大統領の弁護士が獲得する計画の証拠があると付け加えた。

According to local sources with direct knowledge of these events reporting to Nations in Action, the US nonprofit for election integrity and public governance transparency, the manipulated data was transmitted from Frankfurt to Rome via the US Embassy in via Veneto, according Rome the central role in the alleged international election plot to overturn the ballots cast by American citizens for the next President of the United States thereby creating a constitutional crisis.

選挙の完全性と公的ガバナンスの透明性のための米国の非営利団体であるNationsin Actionに報告するこれらの出来事を直接知っている地元の情報筋によると、操作されたデータは、ヴェネト経由で米国大使館を経由してフランクフルトからローマに送信されました。次期米国大統領のために米国市民が投じた投票を覆し、それによって憲法上の危機を生み出すという国際選挙計画の疑い。

On the night of 3 November (in the United States) – approximately 8 o’clock in the morning Italian time – the counting of votes was simultaneously suspended in a number of key battleground states, as shown by some official videos taken from the closed circuit of the Atlanta polling station and which we have documented extensively in this newspaper.

11月3日の夜(米国)–イタリア時間の午前8時頃–閉回路から取られたいくつかの公式ビデオに示されているように、いくつかの主要な戦場の州で開票が同時に中断されました。アトランタの投票所とされ、我々は、この新聞で広く文書化されています

At that point while the fraud was already widely initiated, the Leonardo SpA IT hackers realized that “Trump stood above Biden for a very large and unexpected number of votes” so much so that manipulation was in vain and not enough to make him lose.

詐欺がすでに広く開始されていたその時点で、レオナルドSpA ITハッカーは、「トランプが非常に多くの予想外の票数でバイデンの上に立っていた」ことに気づき、操作が無駄になり、彼を失うには不十分でした。

U.S. President-Elect Joe Biden Sicilian born Igzanio Moncada, CEO of FATA SpA, a wholly owned subsidiary of Leonardo SpA, is believed to be a bridge between some secret services and the Italian Beijing Business Association, the Italian Iran Business Association and the Italian Qatar Business Association. It has been stated that Moncada may be a key figure in the eight month planning of the election hacking in Italy.

レオナルドSpAの完全子会社であるFATASpAのCEOである米国大統領エレクトジョーバイデンシチリア生まれのイグザニオモンカダは、いくつかの秘密のサービスとイタリア北京ビジネス協会、イタリアイランビジネス協会、イタリアカタールの間の架け橋であると考えられていますビジネス協会。モンカダは、イタリアでの選挙ハッキングの8か月計画の重要人物である可能性があると言われています。

Senior US Embassy personnel in Italy reportedly gave the order to act, coordinating the hacking and developing “new algorithms”, states a key witness of the fraud, to secure a win for the democrat candidate Joe Biden.

伝えられるところによると、イタリアの米国大使館の上級職員は、ハッキングを調整し、「新しいアルゴリズム」を開発し、民主党候補のジョー・バイデンの勝利を確保するために、詐欺の重要な目撃者を述べています。

・The role of the US Embassy in Rome

・ローマの米国大使館の役割

We would not advance this story if it had not come from a former member of the world’s largest cyber warfare aerospace and defense conglomerate based in Italy. The US Ambassador to Italy is Lewis Eisenberg, very critical of President Trump’s military disengagement in the world and who is very close to the neoZionist lounges connected to the Goldman circuit.

イタリアに拠点を置く世界最大のサイバー戦争航空宇宙および防衛コングロマリットの元メンバーからのものでなければ、この話を進めることはできませんでした。イタリア駐在の米国大使はルイス・アイゼンバーグであり、トランプ大統領の世界での軍事的離脱に非常に批判的であり、ゴールドマンサーキットに接続されたネオシオニストラウンジに非常に近い。

Three senior officials from the US intelligence community, landed at Leonardo da Vinci Airport in Fiumicino several days prior to the November 3rd 2020 election in the US. According to a former CIA agent, the three intelligence operatives were housed at the U.S. Embassy in Via Veneto to coordinate hacking operations during election count suspension from November 3-4.

2020年11月3日の米国選挙の数日前に、米国諜報機関の3人の高官がフィウミチーノのレオナルドダヴィンチ空港に上陸しました。元CIAのエージェントによると、3人の諜報機関は、11月3日から4日までの選挙カウント停止中のハッキング活動を調整するためにベネト通りの米国大使館に収容されました。


ここまで

引用元 NOQ Report (NOQ Report – Conservative and Christian News, Opinions and Quotes


「真実」のため ダニエル・カプツォーネ

Daniele Capezzone for “the Truth”

Published in Italian Newspaper DAG-SPIA on December 3, 2020

THERE WAS THE ITALIAN JOB – TRUMP LAWYERS HAVE NO DOUBTS: “ AN ITALIAN HAND IN THE PRO BIDEN FRAUD ”. ALLEGED VOTE MANIPULATOR SOFTWARE MADE BY MEN OF THE US EMBASSY WITH AN (Italian) DEFENSE COMPANY. EVERYTHING WOULD HAPPEN THROUGH WHAT IS CALLED A “MILITARY ENCRYPTION”, THEREFORE MILITARY CODES AND CRYPTOGRAPHIES TO PROTECT CERTAIN OPERATIONS AND MAKE THEM DIFFICULTLY DECODED

イタリアの仕業–トランプ大統領の弁護士は疑いを持っていません:「プロによるバイデン不正選挙詐欺はイタリアの手によるもの」
米国大使館の男(イタリア人)の防衛会社と共同で作成したとされる投票マニピュレーターソフトウェア。
「軍事暗号化」と呼ばれるものを通じて、特定の操作を保護し、それらを困難にデコードするための軍事コードと暗号化

The news, if confirmed in its details, is sensational. Rome and Italy would also have been involved in the potentially most serious and sensational spy story of recent years, namely in the possible manipulation of the result of the last US presidential elections. This is what the legal team of the Trump campaign is investigating, in an investigation which, after a very noisy stop in Germany (which La Verità spoke about yesterday), had another fundamental moment of investigation in Rome.

その詳細で確認された場合、ニュースはセンセーショナルです。ローマとイタリアはまた、近年の潜在的に最も深刻でセンセーショナルなスパイの物語、すなわち前回の米国大統領選挙の結果の可能な操作に関与していたであろう。これは、トランプ陣営の法務チームが調査している調査で、ドイツ(ラ・ベリタが昨日話した)で非常に騒々しい停止の後、ローマでもう一つの根本的な調査の瞬間を過ごした。

It is even obvious to speculate that Donald Trump’s detractors will say that this is another installment of the current president’s post-election show, and will invoke evidence that Trump’s legal team believes they can make public in the coming days.

ドナルド・トランプの非難者は、これが現在の大統領の選挙後のショーのもう一つの割賦であると言うだろうと推測することさえ明らかであり、トランプの法務チームは、彼らが数日中に公表できると信じているという証拠を呼び出すだろう。

Let’s remember the starting point. Sidney Powell, the lawyer who with Rudy Giuliani leads Trump’s legal team, and who already has the defense of General Michael Flynn to her credit, has been pointing her finger for days at a telematic tool designed with the explicit purpose of shifting votes from a candidate to the other, obviously to the detriment of Trump. This electoral software may have also been used remotely by other countries to intervene on the tabulation of ballot papers.

出発点を思い出しましょう。ルディ・ジュリアーニと共にトランプの法務チームを率い、すでにマイケル・フリン将軍の弁護を受けている弁護士のシドニー・パウエルは、候補者から他の候補者に票を移すという明確な目的を持って設計されたテレマティックツールを何日も指差してきた。この選挙ソフトウェアは、投票用紙の集計に介入するために他の国によってリモートで使用された可能性もあります。

Yesterday we talked about Dominion voting systems, founded in Canada, whose equipment and software are used in over 20 US states. And also yesterday we evoked the sensational mystery relating to the German city of Frankfurt, the scene of a seizure of computer equipment according to a first hypothesis to the detriment of Dominion (which he denies), according to another hypothesis to the detriment of the Spanish electoral software company Scytl ( which denies in turn), and finally according to a third hypothesis against a server farm managed by the CIA and the subject of an alleged sensational raid (complete with a firefight) by men of the Special Forces of the US army, according to the statements made by lieutenant general Thomas McInerney.

昨日、カナダで設立されたドミニオン投票システムについて話しました。そして昨日、私たちはドイツのフランクフルト市に関するセンセーショナルな謎、ドミニオンの損害に対する最初の仮説に従うコンピュータ機器の押収のシーン(彼が否定している)、スペインの選挙ソフトウェア会社Scytl(順番に否定する)の損害に対する別の仮説によると、そして最後にCIAが管理するサーバーファームに対する第三の仮説に従い、センセーショナルな襲撃の申し立て(疑惑トーマス・マッシナーニー中将の声明によると、米軍特殊部隊の男性による活動)

On the other hand, there is the latest investigative track on which the Trump campaign declares itself at an advanced stage of investigation: a part of the presumed electoral switch, that is the mechanism for moving votes by manipulating the results, would have been thought (perhaps since last spring) and then also carried out by Italy, through a triangulation between a US official operating at the US embassy in Rome (a hypothesis that, if confirmed, would obviously not remain without consequences), military figures of the highest level, and collaboration technique of an Italian company in the defense sector.

一方、トランプ陣営が調査の高度な段階で自らを宣言する最新の調査トラックがあります:推定選挙スイッチの一部は、結果を操作することによって票を移動するためのメカニズムであり、(おそらく昨年の春から)、イタリアによって行われたであろう。確認されれば、明らかに結果なしには残らない)、最高レベルの軍事数字、防衛部門におけるイタリア企業のコラボレーション技術。

Everything would have happened through what is called a military encryption, therefore military codes and encryption to protect certain operations and make them difficult to decrypt.

すべては軍事暗号化と呼ばれるものを通じて起こったであろう, したがって、軍事コードと暗号化は、特定の操作を保護し、それらを解読することが困難になります.

Now, of course, it must be pointed out that the burden of proof rests on the Trump campaign and its lawyers.

さて、もちろん、証明の負担はトランプ陣営とその弁護士にかかっていることを指摘しなければならない。

But there remains much more than the feeling that Italy is anything but a marginal reality even in this story. We will remember the missions in Rome, in 2019, of attorney general William Barr, of the prosecutor John Durham, and of Gina Haspel, director of the CIA. At the time, particularly in coincidence with the visits of Barr (Minister of Justice, therefore a well-rounded politician), the status asymmetry of the Italian interlocutors towards which Conte directed him, that is the top of our services, leapt to the eye. , and not political counterparts of equal rank with respect to the host. Someone hypothesized that Conte, at the time, had wanted to act – politically speaking – on the quiet, on the sly, to give Trump the feeling (but perhaps only that) of a very rapid and concrete collaboration. Others argue instead that there has been no concrete Italian cooperation.

しかし、この物語の中でも、イタリアは限界現実以外の何物でもないという感覚以上のものが残っています。私たちは、2019年にローマでのミッションを覚えています, 司法長官ウィリアム・バーの, 検察官ジョン・ダーラムの, ジーナ・ハスペルの, CIAのディレクター.当時、特にバー(法務大臣、したがって、十分に丸みを帯びた政治家)の訪問と偶然、コンテが彼を導いたイタリアの対話者の地位の非対称性は、私たちのサービスのトップであり、目に飛びついた。ホストに対して同等のランクの政治的な相手ではありません。誰かが、当時のコンテは、政治的に言えば、静かでずんぐりしていて、トランプに非常に迅速で具体的なコラボレーションの気持ちを与えたいと仮定しました。他の人々は、代わりに具体的なイタリアの協力はなかったと主張しています。

The US investigative thesis was known, regarding the Italian side of the so-called Russiagate: namely that in Rome, in 2016, some little hands had helped to fabricate phony evidence against the then candidate Trump, to invent a political relationship with Moscow and make it the basis of a judicial attack (which then, once Trump was elected, materialized in a rejected attempt of impeachment).

米国の調査論は、いわゆるロシアゲートのイタリア側に関して知られていた:すなわち、ローマでは、2016年に、いくつかの小さな手が当時のトランプ候補に対する偽の証拠を捏造し、ロシア政府との政治的関係を発明し、司法攻撃の基礎にするのに役立った(その後、トランプが選出された後、弾圧の試みで具体化された)。

For months, the Italian media have persisted in keeping the story down. Even following a joint conference with Sergio Mattarella, when Donald Trump himself evoked a chain of corruption originating from the Obama administration and said in no uncertain terms: “There has been an attempt to hide what has been done in some countries and one of these it could be Italy », even then our mainstream media preferred to concentrate on the story of the grimaces and smilies of the Italian interpreter: yet another mass distraction.

何ヶ月もの間、イタリアのメディアは物語を抑えることに固執してきました。セルジオ・マッタレッラとの共同会議の後でさえ、ドナルド・トランプ自身がオバマ政権に由来する汚職の連鎖を呼び起こし、不確実な言葉で言ったとき:「いくつかの国で行われたことを隠そうとする試みがあり、そのうちの1つはイタリアかもしれない」と、私たちの主流メディアはイタリアの通訳者の悲惨さと汚れの物語に集中することを好んだ。

We’ll see if it goes the same way again this time. And we will also see, always assuming that the legal team of the Trump campaign details and circumscribes the accusations, if some thread – objective or subjective – emerges to link the events of 2016 to those of this 2020, even in their Italian side.

今回も同じように行くかどうかを確認します。また、トランプ陣営の法務チームが、客観的または主観的なスレッドが2016年の出来事をイタリア側であっても、この2020年の出来事に結び付ける場合、告発を詳述し、外接すると仮定します。

ローマ米国大使館による不正選挙(ブラドリー・ジョンソン)

Electoral fraud by the US Embassy in Rome

(情報元:動画ニュース)
Update: Election Fraud & Italy – Americans for Intelligence Reform (intelreform.org)

(ブラドリー・ジョンソン氏 インタビュー全文文字起こし)

それは面白くて一種の不幸な日であり、彼女がトランプに多くの問題を提示して以来、それは私たちがこれまで行ってきたすべての情報のようなものの1つです。チャイブと一緒にイタリアと話していることについての詳細とあなたが知っている数字の分析だけでそれらの選挙結果は彼らがここで働くためにこれをプロポーションするようには機能せず、彼が滞在した5または6であるためあなたは何かを知っています。舞台裏ではそれは間違っており、大統領のジュリアーニ大統領の弁護士だけが、州に住んでいない人々の認定された事件について多くの情報を出しました。民主党の投票など、それらをすべて合計すると、選挙を反対方向に振るのに十分ですが、それが、私たちが米国の約半分にいる場所にいる理由です。民主党員の20%弱の偽物とかなりの割合のあなたがそう言っていると思います。そして、ほとんどの共和党員の独立の割合がはるかに高いので、あなたが持っているとき、それがBSであると確信した国の約半分を知っています。今日の丘で起こっているのは、それを見るべきかどうか、それを見る中立的なグループと思われる法廷の前にこれを置く機会があるべきかどうかに投票することです。そして、イェーイまたはイェーイと言いますが、もちろん、民主党が反対票を投じる方法はありません。特に、共和党とミッチの投票で地震計が戻ってきた場合は、封鎖に行かなければならない可能性があります。マコネル私はそこに立ち上がって、基本的には敗北を受け入れて先に進み、あなたが知っているようにバブルする時が来たようだというスピーチをしました、そして彼は上院多数党首であるテキサスの上院のテッド・クルス・テイルズが良いスピーチをしました、そして彼は見て言ったあなたはこれがあまりにも多くの懸念を持っていることを認めるにはあまりにも多くのことを知っています、それは国のほぼ半分がそれについて耳を傾ける機会を持つべきですそれでそれは今のところすべてが投票されているのでこれは一種でした最後の最善の希望ですが、それは大統領があなたに彼が裁判所の支援を持っていないことを知っているという本質的な問題のようにもたらしますそしてあなたはこれらの活動家の裁判官とこれらすべての人々を誰が持っているのか知っていますそして私に繰り返しますが憲法を気にしない法律を気にしない憲法を支持するという彼の誓いを気にしないそして彼が気にする法律は彼自身の個人的な政治的傾向であり、彼はそれらを使用します活動家であることが何であるかを決定する法律の代わりに、彼女を活動家の裁判官にまで拡大します私たち諜報員の法執行法として行動する女優の政治家そしてそれは彼ら全員が共通して共有するものです社会主義者と彼らにとって彼らの党と彼らの政治的信念はナンバーワンであり、それは彼らが悪いことをするために何が正しいかを決定するために使用する基準ですそれは米国がここに持っている根本的な問題ですたくさんの証拠がありますたくさんの証拠があります私はあなたに投票した死んだ人々がこの人が投票したのを見てそしてそれから彼らの死んだ大丈夫を見てそして見ることを意味しますそれは本当と呼ばれますしかし裁判所は彼がそれを前に得ることができなかったことを見るでしょう彼らはすべて大統領を裏切ったので誰もが見られるだろう彼らは彼らが持っているかもしれない何らかの理由で大統領を憎むが彼らはまた彼らがしていない彼らの職務の誓いを裏切ったw彼らが責任を持っていること、そして私がイタリアやサロンと話し合っているようなこれらのことでさえ、考えられる原因の法的しきい値を満たすのに十分すぎるほどあることを意味し、舞台裏で私はその人が出てきてそれについて話しました他の情報源から大統領がこれらのことを知っているという確認がありましたいくつかがあります。ウェストウィングをチェックするために出てきたTwitterの事柄は、このすべての飲み込みを完全に認識しているので、それは私が話したくなかったものの1つであることを意味しますが、確かにそこにあるすべての事実を知っていますそれと、大統領と彼のチームがそれをよく知っているという私とは関係のないたくさんの確認は事実であり、彼らの問題は証拠を考え出さない、またはそれをある種の種類に入れることを証明しないと言ったそれに対する法制度が調べられるFBIは調査しないdojは何もしないあなたはそれを使って何もしないことを知っている最高裁判所はそれを使って何もしないので彼はどこに行くのかそれが私たちの問題ですこの巨大なものについてもっと多くの情報が出てきているので、今日私は自分自身を見つけたいと思いました、そしてこれは私たちが主流メディアを回っているものの1つですそれはこの日のすべてについて報告するつもりです私が言ったような単純なものはこれらのlisがありますあなたのように投票した数千人の死んだ有権者のtsは、彼が139%の投票率を持っていたシカゴのリアプレイスと言いますが、誰もそれを調査しません誰もそれを見ません当局は見ようとはしませんそして私は私たちだけだと思います世論の法廷では、桟橋の50%がほぼ人々であり、これは多くの保守派がそうではないこれらのボールに基づく推定値にすぎないため、通常は番号が不足しているよりもポールの下にあるので、個人的には50と言った場合を意味します%はおそらく70%に近いでしょう。民主党員は、これが盗まれた選挙であると確信していると聞いた場合、私たち全員が持っているものに損害を与えるために何もしたくないと思います。は世論の法廷であり、それが私たちをどこまで連れて行くかはわかりませんが、私がイタリアで話したことは、Provoのしきい値を満たすのに十分な情報を実際に得たところで起こっています。もう少し先に私はただsmeしたかったイタリアの大使館に配置されている国務省の役人という名前の昨日のプレスリリースで出された報告は、名前がステファノ・セラフィニであり、それは米国国務省の従業員会議でした。国務省は、アメリカのローマのエンバシーインに投稿された外交官がそこに投稿しました、そして彼は彼らがこれらすべてをまとめたと報告した男でした、そしておそらく選挙の前日に彼はすべてを引退しましたすべてが準備されましたすべてがシステムの準備ができているかテストされました彼が引退し、今や民間人としてワシントンDC地域に戻ってきたので、これがすべて真実であるならば、確かに非常に興味深いものであり、それは物事の計画において非常に理にかなっているでしょう。 IG監察官による検査を受けない彼は国務省から質問を受けることはできないので、彼は私人であるため、彼を逮捕するつもりであり、彼に対して開かれた訴訟がない限り、彼はスコットランド人ではありません。あなたがそれを見たことがあれば、私はそれを見て分析しますそれは大丈夫ですこれは計画プロセスの一部であり、これはすべてを計画している大勢の人々の陰謀の一部であることを示していますので、それは純粋なコインですアイデンティティですが、その男が計画の一環としてこれをすべて行った可能性もあります。確かに、大使館に戻った彼の周りの人々は、彼らの質問を見るのがいいでしょうが、私はこれが起こっているのを見ていません。同じプレスリリースで、Arturo the Elioという名前の男について再び話しましたが、この場合、レオナルド社で働いていたのはイタリア人であり、レオナルドが衛星をやっている会社だったことを誰もが思い出すと、リンクして、大使館で何度も話したデータサイエンティストである彼らが大使館で操作した情報を暗号化して、選挙の結果を変更するためにその日にすでに操作してもらい、それをレオナルド衛星に送り返してください。おそらくこの男は、イタリアの連邦裁判所で彼が今すべてをレイアウトしたと証言したエリオです。私はそれを確認していません私はまだその報告を見つけていません私にメモを送ってくれるイタリアの人々はすべてそうです私はそれを見つけていませんがたくさんありますがこれが本当ならあなたはみんなイタリア連邦裁判所が出てくることができますええ、私たちはそれをやったと言います。これは私たちがやった方法で、バブルを売っていたのは、このすべてがどのように行われたかについての詳細を明らかに示したからです。私たちがローマにいるというMI6からCIAに貸し出されているデータ科学者の写真は、私がずっと前に考えられる原因のしきい値に達したと言ったように、あなたがそこにパズルのピースをたくさん持っていることを知っているデータを操作しますもし私たちが正直なDHAと正直なFBIの人々がこれを見ていたとしたら、私は正直に言って、後背地にあるFBIの事務所を知っているすべての場所でランクとファイルについて話しているのではないことを明確にさせてください。さまざまな部分米国私はそれらの人々のほとんどが通常の忠実な米国であると確信していますDCを回避するときのリーダーシップレベルの市民サリバンそれはすべて良いことです誰かを実際に指し示すことができず、彼らが良いと言うことはできません私はしばしばCIAのリーダーシップを批判することができましたがCIAには良い人がいることを認識できました人々が、彼らの両方は、リーダーシップが廊下の周りのファイルに頭を下げておく必要があります彼らは彼らの政治的信念を最優先するこの活動家グループの一部であり、それが私たちの最大の根本的な問題ですこれらすべてと、それをどのように克服するかというと、それを進んで行っていたであろう沼を排水したであろう位置にいた一人は、トランプ大統領です。あなたはウクライナで襲撃された花嫁と思われる化合物でお金を稼ぐ中国との関係について報告しているので、これらすべてのものをカバーし始め、これらすべての中から彼の目標となる証拠を破壊しますdこれらすべてをどのように克服するかが私たちの問題ですすべての連邦機関、特に司法省とNRの卓越した連邦法執行機関FBIに存在する政治的腐敗したリーダーシップの腐敗をどのように克服するかそのリーダーシップにより、米国でコストの可能性のあるケースがないこのようなケースは、おそらく毎日、私がイタリアで考えられる原因として使用されていると説明していることに腹を立てるよりもはるかに少なく、それらの人は刑務所に入れられるか、何千人もの人々が刑務所に座っていて、私たちが予測しているよりもはるかに少ない情報のために事件が開始されたので、それは本当の混乱ですそれはトランプ大統領がそうではなかったこれらのことの1つです今日は何か進歩するので、6日以降に何が起こるのか、そしてこれを行うためにあらゆる種類の正直な連邦法執行官がどこにいるのか、そして私たちはこの悲しい時点にいます人生の中で、それは一つも存在しないかもしれません、そしてそれはどこにあるように思われます。

(以下Bradley Johnson Interview 全文)

it’s an interesting and kind of unhappy day and that since she had Trump laid out a lot of the problems and it’s it’s it’s one of the things like all of this information we’ve been talking about with Italy with chives more information on it and just the analysis of the numbers you know those those the election results just don’t work the way that their proport this to work here in and is five or six he stayed so you know something behind the scenes is going on that’s wrong and just the the Giuliani the president’s attorney has put out a lot of information on certified cases of people who don’t live in the state boating people who are dead voting and things like that and if you add them all up it’s enough to swing the election the other direction but that’s kind of why we find ourself at where we are at about half of the United States slightly less according to the pollsters say that they think that the bogus and a goodly percentage of you in just under 20% of Democrats say that and a much larger percentage of Independence in most of the Republicans so when you’ve got a you know about half the country that convinced it’s BS that what’s happening on the hill today is it they’re going to vote to whether that should be even looked at or not whether there should be an opportunity to put this up in front of a tribunal that looks at it supposedly a neutral group that looks at it and says yay or nay but of course there’s no way Democrats are going to vote for that they’re going to vote against it may have to go to the blockade especially when you’ve got a seismograph back of the Republican Party voting with and Mitch McConnell got up there and basically gave a speech that it’s like it’s time to just accept the defeat and move on and bubble by you know and he’s the Senate Majority Leader Ted Cruz Tales from the Senate from Texas gave gave a good speech and he said look you know this is just too to admit that these people have so many concerns which is nearly half the nation have should have the opportunity to be listened to on that so that’s kind of where it stands now it’s all getting voted down so this was kind of last best hope but it brings like the essential problem the president is having you know he just doesn’t have the support of the courts and you know who’s got these activist judges and all these people and let me reiterate activist judge means a judge who doesn’t care about the Constitution doesn’t care about the law doesn’t care about his oath to uphold the Constitution and the laws what he cares about are his own personal political leanings his own personal political beliefs and he uses those instead of the law to make decisions that’s what being an activist is and that extends her go to activist judges actress politicians acting as Law Enforcement Act of us intelligence people and that’s what they all share in common they’re all liberal left-wing Progressive communist socialist and for them their party and their political beliefs are number one and that is the criteria they use to make their decisions on what’s right to do what’s wrong with it bad is the underlying problem that the United States has here so you have a a situation where there’s lots of evidence there’s lots of proof I mean dead people voting you go down look this person voted and then look and see their dead okay that is called true but no courts will view it he hasn’t been able to get it in front of anyone to get looked at because they’re all they’ve all betrayed the president they all hate the president for whatever reasons they might have but they’ve also betrayed their oath of office they’re not doing what they’re responsible to do and even these things like I’ve been talkin about with Italy and Salon I mean there’s there would be more than enough to meet the legal threshold of probable cause and I know behind the scenes I mean the person is come out and talked about it there’s been confirmation from other sources that the president’s been made aware of these things there’s some Twitter things that have come out to check the West Wing is fully aware of all this swallow that so I mean it’s it’s one of those things I haven’t wanted to talk about but I know for a fact all that’s true there are certainly aware of that and plenty of confirmation that has nothing to do with me out there that the president and his team are aware of it well that’s a fact and their problem said not coming up with proof not coming up with evidence or putting it in some sort of the legal system to it gets looked at the FBI won’t investigate at the doj won’t do anything with it you know going to do anything with it the Supreme Court’s not going to do anything with it so where does he go that’s the problem we find ourselves in today now I did want to add because there’s more information coming out on this giant thing and this is one of the things we’re circling the mainstream media is it going to report on all of this day don’t even report on the simple things like I said there’s these lists of multiple thousands of Voters who are dead who voted in like you say Leah Place in Chicago where he had 139% voter turnout but nobody will investigate it nobody will look at it no Authority is willing to look at and I think our only but even though the court of public opinion where 50% of the pier that people nearly and that’s only an estimate based on these balls which a lot of conservatives don’t so they’re usually under pole than under numbered so I mean personally if they say 50% is probably more like 70% and I think Democrats if you hear that they would admit that they are pretty sure this is a stolen election to happy about it so they don’t want to do anything to try and damage that we all we have is the court of public opinion and how far that will take us I don’t know but these things I’ve talked about in Italy going on where you really got more than enough information to meet the threshold of Provo probable cause it just got taken a little bit further I just wanted to smell the reporting it came out in a press release yesterday named the state department official who is posted to the Embassy in Italy is name is Stefano Serafini and so that was the guy State Department employee meeting u.s. Department of State a diplomat posted to the Embassy Inn in Rome on American posted there and he was the guy that they report was put all of this together and supposedly the day before elections he retired everything was all set up everything was test the system is ready to roll so he retires and comes back to the Washington DC area now as a private citizen now interesting if all of this is true very interesting certainly that would make a lot of sense in the scheme of things because then he cannot be deposed he can’t be inspected by the IG Inspector General he can’t be questioned by State Department he’s a private citizen so unless you’re going to arrest him and there’s a case open against him he’s scot-free there’s nothing anybody can do to touch him so if you ever just looking at that I mean I look at that and analyze it go okay that’s part of a planning process that shows this is part of a conspiracy a large group of people planning all of this so I mean it’s possible is pure coincidence but it’s also possible that that guy did this all as part of the planning and and certainly the people around him back in the embassy would be nice to see them question but you know I just don’t see any of this happening you know nobody’s moving to do it one of the other things that came out that same press releases they talked about a guy named Arturo the Elio again this case it’s an Italian who worked at the company Leonardo and if everyone recalls Leonardo was the company that is doing the satellite link so that they encrypted the information that that was manipulated in the embassy by those guys that we’ve talked about many times that are the data scientist they did they got it already manipulated the day to change the results of the election and crooked it and send it back up to the Leonardo satellite now supposedly this guy the Elio as testified in Italian federal court that he was laid the whole thing out now I haven’t confirmed it I haven’t found that reporting yet although people in Italy that send me notes set all yeah there’s a lot I haven’t found that one but again if this is true you have guys can Italian federal court come out and say yeah we did it this is how we did it and we used to sell a bubble by apparently gave the details of how this whole thing was done and we’ve got the name of the state department employee that was supposedly doing it we got the photographs of the data scientist who on loan from MI6 to CIA that we’re in Rome manipulate the data you know you’ve got a lot of the pieces of the puzzle there like I said that long ago reached the threshold of probable cause and if we had an honest DHA and honest FBI people would have looked at this and now I’m a do let me clarify by honestly I’m not talking about the rank-and-file everywhere you know the FBI offices out in the hinterland and the different parts United States I’m sure that most of those people are normal loyal US citizen Sullivan at leadership level when you get around DC it’s all good I know you can’t really point to somebody and say they’re good I could often criticized the leadership of the CIA but I could recognize there’s people in the CIA that are good people but the both of them have to keep their head down what file around the hallways the leadership is is not they’re just they’re part of this activist group of people that put their political beliefs first and that is our largest underlying problem with all this and how do we overcome it the one person that was in position that would have drained the swamp that would have been willing to do that is is President Trump we all know a President Biden is not going to do any of that if anything he’ll begin to cover all this stuff up and destroy the evidence that’s that would be his goal out of all of this because of you are the reporting out there on the ties to China getting money in the bride supposed compound that got raided in Ukraine and all of that so how do we overcome this is our issue how do we overcome corrupt the political corrupt leadership that exist in all of our federal agencies most especially the Department of Justice and the NR preeminent federal law enforcement organization the FBI how do we overcome that leadership so that cases like this where there’s no possible cost cases in the United States are opened probably everyday on the lot less than pissed that I’m just describing in Italy as a being used as probable cause and those guys end up in jail or there’s thousands of people sitting in jail there were the case got kicked off for a lot less information for probable cause than what we’re projecting is has happened here so it’s it’s a it’s a real mess it’s one of these things were President Trump is not going to make any any progress today so what happens now after the 6th and where is there going to be an honest senior federal law enforcement official of any kind to do this and we’re at this sad point in life where it may be that there isn’t a single one and that that seems to be where

we find ourself I have to say I find it a lot easier to believe that this election fraud was orchestrated out of what may be the US Embassy in Rome through German servers

※動画翻訳は以上

あとがき(終戦1ヵ月前に日本に宣戦布告し”ファシスト国家”から”戦勝国”になったイタリア)

今回の事実が世界に公表されたら、それで終わらせずに世界情勢を正しくとらえるヒントにしてください。
※結論を急いではいけません^^♪

「日独伊三国同盟」教科書で皆さん習いました。
1940年9月27日にベルリンで調印された日本・ドイツ・イタリアの軍事同盟。第二次世界大戦における枢軸国の原型として。

当時日本は枢軸国(今でいうところの北朝鮮・イランなど)とされており
日本・ドイツ・イタリア3つの国をファシズム国家と位置づけてられています。
ついでに独裁者国家だとも解説してますね。
ドイツはヒトラー。イタリアがムッソリーニ。
では日本のファシスト独裁者とは誰のことでしょうか?
国家リーダーと言うことであれば昭和天皇なのでしょうか?
1942年1月2日にワシントンで26カ国が参加結成した国際連合軍
ファシスト列強国(枢軸軍)を粉砕するために戦ったと言っています。
つまり新設の国際連合国はファシスト国家と戦うための国際連合国の軍隊と言うわけです。
そして邪悪なファシズム国家との戦いはご存じ連合国の軍隊による勝利で終わりました。
敗戦国として、ドイツは東西に分断。日本はGHQ統治下におかれました。
え?イタリアは??

下記のリンク”松本利秋氏”の詳しい解説により、その顛末の一部を理解することができます。
それどころかイタリアは敗戦国の汚名から逃れ日本に賠償を求めてきております。。混乱しますね。
南部の「イタリア王国」って何だ?ムッソリーニに責任を押し付け、敗戦国を逃れるなんてこと
どうしてできたんだろう?ここで何か思い出しませんか?
”大東亜戦争”は日本陸軍の暴走によって引き起こされたと習いました。そして極東軍事裁判で

多くの日本陸軍の指導者はA級戦犯で絞首刑。東条英機元陸軍大将も巣鴨拘置所内で絞首刑に処されたとあるが
遺骨は今も行方不明だ。しかし遺書を残している。話を戻します。
日本海軍は何故裁かれなかったのでしょうか?
故・水木しげる先生たちが戦地に赴いた”ニューギニア”とかどこにあるか知ってますよね?
なんであんなに平和な祭祀文化の残る、遠いところまで、飢餓と戦いながら行かなければならないのか??

一方、ファシズム国(日本・ドイツ・イタリア)を破った後の連合国の軍隊はその後どうなったでしょう?
連合国の軍隊が目的を達成したのに、解体されていないですよね。
それどころかアメリカ・国連軍(?)に目を向けてみると、そのまま共産主義国と戦う連合国軍隊なっています。
つまりファシズム国家を退治する目的を果たした連合国の軍隊はそのまま
今度は共産主義国を退治する目的で維持されることになりました。
もともとドイツ・日本・イタリアの三国が第二次世界大戦で掲げた戦争の大義を知っていますか?
『共産主義や共産主義国と戦うための旗揚げ』です。
その三国がなぜファシズム国家と呼ばれ、それも共産主義国を希望する連合国の軍隊を
なぜ敵に回して戦わなければならなかったのか。その不思議さに誰も答えはくれません。

最後に一言。2008年、2012年と中国とアメリカに関する歴史の潮目がありました。
そのころから中国脅威論だけを煽ってきたような日本の保守派とは私は一線を画しています。
自衛隊への抑止力と考えられる辺野古新アメリカ基地建設 大反対です。(1/8 アイレカティ追記)

参考引用元:日本人が知らない「終戦」秘話 松本利秋氏
https://online.sbcr.jp/2015/07/004083_2.html

コメント

  1. PCPS より:

    あまりに大統領選挙の不正が酷すぎてブログ書き始めたものです。
    1/7にこの情報にたどり着いてるのはすごいです。
    今後も拝見させていただきます。
    岸大臣には私も頑張っていただきたいと考えています。

タイトルとURLをコピーしました
Close Bitnami banner
Bitnami