線里眼

[2021年1月26日]トランプ暗殺未遂により火が付いた戒厳令下での世界通貨リセット全文翻訳(トランプ・プーチン・モディ・習近平は結束し、打倒ジョージソロス率いる中国共産党を掲げ1/29に倒した)※赤字必読です

前回の投稿『中国共産党解散』に関連した詳しい情報を転載いたします。
やはり皆さんから「なぜ習近平??ほんとに??」という声を聞きますのでかける範囲で解説します。

19期の政治局常務委員(チャイナ7)の出身母体ベースで見ると、生粋の習近平派(母体:太子党、紅二代)は王岐山、兪正声ですが、メイカさんの動画にもあったように後継者の派閥間闘争は熾烈(死闘?)を極めているようです。つまり、習近平は一匹オオカミだったのです。文革のときに政治腐敗と戦った父の意志を引き継いだ、いわゆる光側の戦士だったのです。トランプ大統領とどの時点で手を組んだかは非常に興味深いです。また多くの日本人に気づきを与える情報として2009年に習近平が副主席時代に小沢一郎氏の口利きでルールを破って天皇に謁見したときのニュースを見て”習近平副主席”と”オバマ”の天皇に対する態度を比較考察してみてください^^♪
アイレカティ



本題に入る前に僕のことで恐縮ですが、聞いてください。

私、アイレカティこと山田宏道は昨日朝(2/4 AM8:00)20年余りに渡ってお世話になったキヤノン株式会社に辞表を出してきました。
技術の引継ぎ、様々な調整が必要なので3月末退社になりそうです。※まだ同僚にもプライベートの友人にも言っておりません。

理由は3つあります。

1.生物兵器・コロナ菌対策/大和民族滅亡計画(ワクチン戦略)/電磁兵器5Gアンテナの工事進捗状況への危機感

2.キヤノンで進める『共生の理念』(企業活動と社会”地球自然”貢献の両立)と僕の考える『共生の理念』のギャップ感

3.『節分』の時に聞いたお告げより(耳鳴りの周波数解析(400番台中心)と、経験を照らし合わせ僕の勝手な解釈)

一つ目は解決の目途が立つまで、当面のHP主テーマになります。2つめは故・賀来龍三郎社長が掲げた『共生の理念』に対し
キヤノンではなく、別の企業でそれを達成しようとしただけです。しばらくは反コロナ対策に専念しようと思っていますが。
2月2日の「節分」にお告げ(耳鳴り)があり、キヤノンでの達成は困難であると判断し、2月3日「立春」ということで決断しました。
こちらのアイレカティHPは日本最速レベルの高精度情報提供という点では、読者さんに貢献できたと自負しています。しかしながら
日本政府と日本のマスメディアが怒涛のように勧める、コロナ菌ワクチン5G戦略には全くと言っていいほど対応できていません。
5Gアンテナ(通称:毒カブトムシ)はコロナ騒動のどさくさに紛れて皆さんの街にもバッチリ設置、運用開始されています。電柱を見上げてください。大きなカブトムシが3匹前いるでしょう。人体の細胞に作用し、免疫力を低下させる前代未聞の非常に強力な毒電磁波です。※AMラジオで確認しましょう。
とにかく対策が後手後手で打てていません。電磁兵器は免疫力を低下させ、そこへコロナ生物兵器を撒かれればひとたまりもありません。
それに対して僕は焦りがあります。ホントかよっ??そう思った方の洗脳と対峙する場合、このHPを見てくれない人たちに現実を理解してもらうためには、こういった情報発信だけでは太刀打ちできないのです。
弱者なりに知恵を絞り、技術的に防衛し、より効果のある”行動”を実行していかないと後悔すると思った次第です。
とはいえ、皆さまには2/3石川新一郎先生から、世紀の大発表が公式にありましたので、ワクワクしてその時を待っていただけたら幸いです。
2021年2月3日「立春」ついに待ちに待ったひとつめの封筒が開封された!(石川新一郎チャンネルより)
というわけで、人類の大変革の時に立ち会った歴史の証人である喜びを噛みしめながら、中国共産党崩壊の続報をご覧いただければと思います。

沖縄映像文化研究所 事務局長 山田宏道 電話 090-8346-0728

BY JUDY BYINGTON AS PUBLISHED IN BEFORE IT’S NEWS: GLOBAL CURRENCY RESET SPARKS TRUMP ASSASSINATION ATTEMPT WHILE US UNDER MARTIAL LAW | POLITICS | BEFORE IT’S NEWS
(トランプ暗殺未遂により前倒しされた戒厳令下での世界通貨リセット)

戒厳令下の米国での世界通貨のリセットがトランプ暗(札)未遂のスタート


A sniper’s bullet struck a panoramic casement window on the east wall of Donald Trump’s bedroom at his Mar-a-Largo estate on Tuesday morning 26 Jan. around 3:00 am. It was just another of now more than fifteen such assassination attempts on him since taking office – none of which were covered by Mainstream Media.


1月26日火曜日の朝3:00 AM頃、ドナルド・トランプのマル・ア・ラルゴ邸の寝室東壁にあるパノラマ式の窓ガラスに狙撃者の銃弾が命中しました。これは、就任以来15件以上の暗殺未遂事件の一つにすぎず、いずれもMainstream Mediaの取材を受けていません。

Trump immediately struck back. On that same Tues. 26 Jan. 2021 a green signal was given to start a Global Currency Reset and US dollar return to a gold/asset-backed standard, along with currencies of 209 nations.


トランプは即座に反撃しました。同じ火曜日です。2021年1月26日には、209カ国の通貨とともに、グローバル通貨リセットと米ドルの金/資産を裏付けとする基準への復帰を開始するために、緑の信号が出されました。

Were the two Tues. 26 Jan. incidents by coincidence? I think not – at least not more of a coincidence than when Trump instigated the Insurrection Act that resulted in the US presently functioning under Martial Law. That happened the afternoon of 9 Jan. after more attempts on both his and Melania’s lives – that weren’t covered by the Mainstream Media either. Why?

火曜日でした。1月26日の事件は偶然?私はそうは思わない―少なくともトランプが内乱法を発案し、その結果アメリカが現在戒厳令下で機能していることになった時ほどの偶然ではありません。これは1月9日の午後、メインストリームメディアでも報じられていなかったメラニア夫人とメラニア夫人の両方の人生に対するさらなる挑戦の後に起きました。なぜ?

It all went back to Jan. 2020 during a government shutdown when President Trump was said to have reorganized several agencies including the US Treasury, IRS and Federal Reserve. Since the 1800s those agencies had controlled US taxpayer dollars under private bankers and people who weren’t even US citizens such as the Rothchilds, Rockefellers and Soros.


すべては、トランプ大統領が米国財務省、内国歳入庁 (IRS) 、連邦準備制度理事会 (FRB) などいくつかの機関を再編したと言われていた2020年の政府閉鎖にさかのぼります。1800年以降、これらの機関は、民間銀行家や、ロスチャイルド、ロックフェラー、ソロスのような米国市民でもない人々の下で、米国の納税者のドルを管理してきました。

Since the 1800s US taxpayers had been funding Washington DC’s privately owned US Inc, the Queen’s Bank of London, Vatican Bank and their Central Banks across the world. Referred to as the Cabal, they had charged interest to the US government in order to use it’s own monies.
1800年以降、米国の納税者はWashington DCの個人所有の米国法人、ロンドン銀行、バチカン銀行、そして世界中の中央銀行に資金を提供してきました。「カバル(カバール)」 と呼ばれる彼らは、自分たちの資金を使うために米国政府に利息を請求していました。

Trump didn’t like that approach to business and put the US under Martial Law to correct the problem – which was a little scary since President Kennedy had been assassinated for the same reason of trying to take down the Federal Reserve.


トランプはこうしたビジネス手法を好まず、この問題を是正するために米国を戒厳令下に置いたが、これはケネディ大統領が連邦準備制度理事会 (FRB) を破ろうとしたのと同じ理由で暗殺された時から少し怖かった。

Now with the US under Martial Law, the US Military had control of all US assets including taxpayer dollars now at a new US Treasury established by Trump on an Indian Reservation near Reno Nevada, plus two other secret locations in the US. Last year Trump had overseen 14 planeloads of gold bullion and precious treasures secured from tunnels beneath the Vatican and returned to their rightful owners, including the US.


現在は戒厳令下にある米軍は、ネバダ州リノ近郊のインディアン居留地にトランプが創設した新米国財務省と米国内の他の二カ所の秘密施設で、税金を含むすべての米国資産を管理しており、昨年トランプはバチカンの地下のトンネルから確保された金地金と貴重な財宝のプラネロード14個を監督し、米国を含むその正当な所有者に返還しました。(世界のGDPの14万年分の金塊画像添付予定)

President Trump had also assured that the US functioned under Martial Law so the Military could conduct not only a return to a gold/asset-backed dollar, but insure that the US Republic was restored to original laws of the Constitution as written prior to 1871.

トランプ大統領はまた、アメリカは戒厳令の下で機能し、軍隊は金・資産を裏付けとするドルへの回帰だけでなく、アメリカ共和国が1871年以前に書かれた憲法の元の法律に戻ることができると保証しました。翌1872年にアメリカ国賊大統領”ユシリーズ・グラント”と岩倉使節団が会って何を決めたのか?孝明天皇は本当に病気で死んだのか日本銀行株式会社の真実とは何か?これが日本のこれからを考えるのに最重要の視点です。

On 20 Jan. a Military operation began called the Ten Days of Darkness. It started with the fake inauguration of Joe Biden as President of a defunct US Inc. Just prior to his pre-recorded-in-Hollywood-by-Castle Rock Entertainment Inauguration, Washington DC, Capitol Hill and the White House were secured within miles of ten foot high barbed wire fences


1月20日、 「闇の10日間」 と呼ばれる軍事作戦が始まりました。それは、ジョー・バイデンが倒産したアメリカ社の社長に偽装就任したことから始まりました。彼がハリウッド・バイ・キャッスルで事前に録音されたロック・エンターテインメントの就任式の直前、ワシントンDC、連邦議会議事堂、ホワイトハウスは高さ10フィートの有刺鉄線のフェンスの中に収まりました。

On that same day President Trump went silent, while the White House was left empty, locked up, blacked out and permanently closed, with no US Flag flying on top. Since his inauguration Biden has been denied access to both the White House and Pentagon. カマラ・ハリス has not moved into the Vice President residency.


同じ日、トランプ大統領は沈黙し、ホワイトハウスは空っぽのまま、鍵をかけられ、ブラックアウトされ、永久に閉鎖され、アメリカ国旗は掲げられませんでした。就任以来、バイデン氏はホワイトハウスとペンタゴンへの出入りを拒否されています。カマラ・ハリスは副大統領官邸(※ホワイトハウスの敷地内にオフィスを構え、ウォルターモンデール以来の副大統領は、米国海軍天文台の敷地内で家族と暮らしてきました。)に移っていません。


There were over 30,000 National Guard troops that remained in Washington DC. after the Inauguration. Ten feet high of barbed wire fencing that surrounded Capitol, White House and Supreme Court Buildings was designed to keep people in, not out.

就任式の後、ワシントンDCには3万人以上の州兵が残っていました。連邦議会議事堂、ホワイトハウス、最高裁判所の建物を囲む高さ10フィートの有刺鉄線のフェンスは、人が外に出ないように作られています。

The US was under Martial Law and the Department of Defense and FEMA were in charge of the US government, not Joe Biden. Biden was now a puppet of the US Military and signing EOs on a stage somewhere outside of Washington DC.

米国は戒厳令下にあり、国防総省とFEMAが米国政府を担当していたが、ジョー・バイデンは担当していませんでした。バイデンは今や米軍の操り人形であり、ワシントンDC郊外のステージでEO(大統領令)に署名しました。

Although the Mass Media refused to report it, this Interim Military US Government was running our country and overruled the Biden Administration. We had a (1) legitimate Interim Military US Government empowered by the Constitution and the Department of Defense under Military Code 11.3, and an (2) illegal, fraudulent foreign paid-for, foreign controlled (on the foreign ground of the District of Columbia) Biden Administration.

マスメディアは報道を拒否しましたが、この暫定軍事政権は我が国を運営し、バイデン政権を打倒していました。私たちは、 (1) 合衆国憲法と11.3年軍法に基づく国防総省から権限を与えられた合法的な暫定軍事政権と、 (2) 違法で不正な外国からの有償資金援助、外国が管理する(コロンビア特別区の外国人居住区で)バイデン政権を持っていました。

Trump didn’t get to this point easily. In 2016 at President Trump’s State of the Union Address Nancy Pelosi was believed to have attempted to assassinate him. She was said to have had a device in her right hand that by touching it, Trump would have suffered a heart attack a few hours later. The assassination was said to not happen because Trump was informed of the plot and refused to shake her hand. His Security Detail had overheard Senators talking about the plot prior to the Address. That found no place in the press either, nor did assassination attempts on 9 Jan. 2021.

トランプはこの点になかなかたどり着けませんでした。2016年のトランプ大統領の一般教書演説で、ナンシー・ペロシはトランプを暗殺しようとしたと考えられていました。彼女は右手に装置を持っていたと言われており、それに触れることでトランプは数時間後に心臓発作を起こしたでしょう。トランプ氏が計画を知らされ、握手を拒否したため、暗殺は起こらなかったと言われています。彼の警備詳細は、演説の前に上院議員たちが陰謀について話すのを立ち聞きしていました。2021年1月9日には暗殺未遂事件も起きていません。

Early Saturday morning 9 Jan. there were separate attempts on both Trump and his wife Melania’s lives. Hers was with poisoned makeup that sent her assistant to the hospital. With at least twelve plus such attempts since Trump gained office, he had had enough. Trump immediately instigated the Insurrection Act (put into law by George Bush Jr. after 9/11), and then turned his authority over to the US Military.

1月9日土曜日の早朝、トランプと妻のメラニアは別々に暗殺されそうになりました。彼女の助手が病院に送られた毒入りの化粧品を使っていました。トランプが政権を握って以来、少なくとも12回以上こうした試みをしてきたが、彼には十分な経験がありました。トランプはすぐに内乱罪(9/11後にジョージ・ブッシュJr.によって法制化されます)を成立させ、その権限を米軍に委譲しました。

The US military was now loyal only to the legal US President Donald J Trump, who had dissolved the bankrupt US Incorporation that Biden was inaugurated under, plus announced the new US Republic Federation on 2 Nov, 2020 – a day before the fraudulent 2020 Election.

米軍は、バイデン氏が就任した破産した米国法人を解散させ、不正な2020年大統領選挙の前日である2020年11月2日に新たな米国共和国連邦を発表した合法的なドナルド・J・トランプ大統領にのみ忠誠を誓っていました。

Donald Trump was recognized worldwide as not only the legal US President, but was the world leader of the Alliance which was taking down the Cabal headed by the Chinese Communist Party (CCP). Trump, Russia President Putin, India PM Modi and Chinese government head Xi were working together to bring down the CCP which had organized the fraudulent 2020 Election. A successful top secret operation would soon be announced that had been coordinated among multiple nation states, including the US, India, Russia and Taiwan with the cooperation of China Chairman Xi.

ドナルド・トランプは合法的なアメリカ大統領としてだけでなく、中国共産党 (CCP) が率いる枢機卿を打倒する同盟の世界的リーダーとして世界的に認められていました。トランプ氏、ロシアのプーチン大統領、インドのモディ首相、中国政府の習近平国家主席は、2020年の不正選挙を組織した共産党を打倒するために協力していました。中国の習近平国家主席の協力を得て、米国、インド、ロシア、台湾などの多国間で調整されていた最高機密作戦の成功がまもなく発表されます。

Trump was also taking care of treasonous Congress members who worked with the CCP to swing the 2020 Election. Just prior to the 20 Jan. US President’s Inauguration Day, US Special Operations (SOF) units including 4,000 deputized National Guard soldiers acting as US Marshalls, were serving over 228,000 sealed indictments on global and political elites filed in federal courts across the nation since Trump took office. They were in the process of arresting an estimated 67% of Congress.

トランプ氏はまた、2020年の大統領選で共産党と協力して選挙結果を左右した議員の面倒も見ていました。1月20日の米国大統領就任式の日の直前、米国の特殊作戦部隊 (SOF) は、4, 000人の代理州兵を含む、米国の元帥として行動し、トランプ大統領が就任して以来、米国中の連邦裁判所に提出された世界的、政治的エリートに対する228, 000件以上の起訴状を執行していました。彼らは議会の推定67%を逮捕しようとしていました。

Early Mon. morning 25 Jan. between 3 and 6 am Military vans, buses and police cars, along with a multitude of police and US Military troops, were very busy at a blacked out White House.“I just watched everyone in the White House arrested” declared an unnamed person doing one of these videos: https://youtu.be/ywfXNGNvvuU ‘Mass arrest at the capitol’ (bitchute.com)

月曜の朝。1月25日午前3時から午前6時までの間、軍用車両、バス、パトカーは、多数の警察や米軍兵士とともに、停電したホワイトハウスで非常に忙しかった。「ホワイトハウスの全員が逮捕されるのを見ました」と、匿名の人物がこれらのビデオのいずれかを撮影して宣言しました。

Trump/Alliance Sting Operation: The Fraudulent 2020 Presidential Election

トランプと同盟の選挙作戦:不正な2020年大統領選挙

Attorney Sidney Powell has published the actual 2020 electoral data results. Trump was said to have carried all but five states with 410 Electoral Votes to Biden’s 128. He won both California and Minnesota.

弁護士のSidney Powellが、2020年の選挙データの実際の結果を発表しました。トランプは410票の選挙人票を持つ五州を除いたすべての州をバイデンの128票に持ち込んだと言われており、彼はカリフォルニアとミネソタの両方で勝ちました。

There was a lot of evidence of such, though even more was secured in a Sat. 9 Jan 2021 raid by US Military Special Op Teams on CIA Headquarters in Langley Virginia. The raid produced firm evidence that traitors in the CIA, Democrats and other political elites had conspired with foreign entities led by the Chinese Communist Party (CCP), to interfere in the 2020 Election.

その証拠はたくさんあったが、土曜日にはさらに多くの証拠が確保されました。2021年1月9日、バージニア州ラングレーにあるCIA本部を米軍特殊作戦部隊が急襲。強制捜査は、CIA、民主党、その他の政治エリートの反逆者が中国共産党 (CCP) が率いる外国の団体と共謀し、2020年選挙に介入したという確固たる証拠を示しました。

The 2020 Presidential Election had actually been set up as a giant Sting Operation by Trump and the Alliance to catch the Cabal Shadow Government. Democrat-led forces were believed working with Communist Regimes in China, Venezuela and other countries to try to take over the US government and Free World in order to bring in a New World Order.

2020年の大統領選挙は、実際にはトランプと影のカバール政権を捕まえるための同盟による巨大なスティング作戦として設定されました。民主党主導の勢力は、中国やベネズエラなどの共産政権と協力して、新世界秩序をもたらすために米国政府と自由世界を乗っ取ろうとしていると考えられていました。

The Soros-paid Communist China Party (CCP) appeared to be in cahoots with the Democrats and Mass Media to swing the election to Biden. In Oct. 2020 just prior to the Election, the CCP, with help of our very own CIA, bought the Dominion Voting machine software to the tune of over $34 billion. Financed by the Vatican and with the aid of an Italian satellite, Dominion Voting machines would change Trump votes to Biden in Battleground states of the 2020 Election.

ソロス氏が率いる共産党 (CCP) は、民主党やマスコミと共謀してバイデン氏に選挙戦を仕掛けているようです。選挙直前の2020年、CCPはCIAの協力を得て、340億ドルを超える大金でDominion Votingマシンソフトウェアを購入しました。ドミニオン投票機は、バチカンの資金とイタリアの人工衛星の助けを借りて、2020年選挙の戦地諸州でトランプの票をバイデンに変えるでしょう。

In an operation called Project Hammer, Dominion ran an application called Scorecard that could flip the election any way the handlers of it wished. It was an extremely secret signals intelligence program originally developed by CIA/NSA/FBI’s contractor-turned-whistleblower Dennis L. Montgomery for the Obama administration’s CIA Director, John Brennan and Director of National Intelligence, James Clapper. https://www.naturalnews.com/2020-11-01-dems-collude-with-cia-operation-scorecard-alters-votes.html

プロジェクト・ハンマー (Project Hammer) と呼ばれる操作で、DominionはScorecard(スコアカード)と呼ばれるアプリケーションを実行しました。元はCIA/NSA/FBIの契約社員から内部告発者に転じたDennis L.Montgomeryが、オバマ政権のCIA長官ジョン・ブレナンと国家情報長官ジェームズ・クラッパーのために開発した、極めて秘密の信号諜報プログラムでした。

By the Nov. 3 2020 Election Day and through offices in Germany, Spain and their headquarters in Canada, Dominion machines were hooked up to the Internet to swing the vote.

2020年11月3日の投票日までに、ドイツ、スペイン、カナダにある本社のオフィスを通じて、ドミニオン社の投票機がインターネットに接続され、投票が行なわれました。

George Soros was head of the Dominion Board of Directors. Speaker of the House Nancy Pelosi’s husband was said to be a major Dominion share holder, as was her former Chief of Staff and Head of the Senate Judiciary Committee Diane Feinstein’s husband. Retired Admiral Peter Neffenger of the Biden Transition Team, was president and listed on the board of directors of Smartmatic that counted the US Election votes in Germany.

ジョージ・ソロスは、ドミニオンの取締役会の会長でした。ナンシー・ペロシ下院議長の夫も、ダイアン・ファインスタイン上院司法委員会委員長の夫も、ドミニオンの主要株主とされました。バイデン移行チームの元海軍大将ピーター・ネフェンガーは、社長であり、ドイツで米国の選挙票を数えるSmartmaticの取締役会にリストされました。

Scorecard was suspected to have been used by Barak Obama in prior elections. It has been said that during the Trump Administration Obama was running a Tactical Operations Center (TOC) near the White House. There he was commanding “Shadow Government” forces which likely included Black Lives Matter / Antifa terrorist and activist groups.

以前の選挙でバラク・オバマがスコアカードを使用した疑いが持たれています。トランプ政権時、オバマ大統領はホワイトハウス近くで戦術運用センター (TOC) を運営していたと言われています。そこでは、ブラック・ライフ・マターやアンチファといったテロリストや活動家グループを含むと思われる「影の政府(DS)」部隊を指揮していました。

“We have firsthand evidence that Smartmatic (the CIA-designed software) was designed in a way to change the vote of a voter without being detected” said Trump lawyers Sydney Powell and Rudi Giuliani speaking to Lou Dobbs on Fox News on Sunday 15 Nov. “The software was specifically designed to destroy Trump votes and throw others to Biden.” https://www.brighteon.com/f302533d-e73e-4660-ac86-3b1471c1f670

「Smartmaticの(CIAが設計したソフトウェア)は、有権者の投票を変化させるために設計されたもので、検出されることはなかったという直接的な証拠があります。」とトランプの弁護士のSydney PowellとRudi Giulianiが11月15日日曜日にFOXニュースでLou Dobbsに語った「このソフトウェアは、トランプ氏の票を破壊し、他の票をバイデン氏に投じるよう特別に設計されています。」

“We have a witness who was at the creation of Smartmatic System used to change the 2020 Election results,” stated Powell as she dropped yet another bombshell while on the Mark Levin Show the next day of Mon. 16 Nov.

「2020年の選挙結果を変えるSmartmatic Systemを作っていた目撃者がいます」と、月曜日の翌日のマーク・レヴィン・ショーで、パウエルはまた爆弾を落としました。11月16日

The Canadian Dominion Company voting machines using Smartmatic software developed by the CIA was used in at least 28 states during the 2020 Election. The machines counted the US 2020 Election votes in Germany, with George Soros as Chairman of the Smartmatic Board: https://www.naturalnews.com/2020-11-17-trump-attorney-sidney-powell-declares-kraken-released.html

CIAが開発したSmartmaticソフトウェアを使ったカナダのDominion Company投票機は、少なくとも28州で2020年の選挙中に使用されました。機械は、ジョージ・ソロスをSmartmatic Boardの会長として、ドイツで米国の2020の選挙票を数えました

On Sun. 7 Nov. 5 an elite group of National Guardsmen under orders from Trump, did an audit of votes in twelve key states using the government Quantum Computer ‘infra red’ equipment that read which ballots were real, or fake. The real ballots had been imprinted with a watermark – that was run by and confirmed by a justice in the Supreme Court before it’s use. The audit of election results in the key states verified that Trump won the election by an over 80% vote.

11月7日にトランプ大統領の命令を受けた州兵の精鋭グループが、政府の量子コンピュータの 「赤外線」 装置を使って、12の主要州の投票を監査しました。この装置は、どの票が本物か偽かを読み取ることができます。実際の投票用紙には透かしが印刷されていたが、これは最高裁の判事によって使用前に実行され、確認されました。主要州の選挙結果を監査した結果、トランプ氏が80%以上の票差で当選したことが確認されました。

以上アイレカティ翻訳終了

コメント

タイトルとURLをコピーしました
Close Bitnami banner
Bitnami