羅針盤

ビルゲイツに国際逮捕状(ポリオワクチンで49万6千人のインドの子供たちが麻痺症状)

[3/24 追記]
なんとメインストリームメディアであるMSNBCからのリークニュースです。少しずつですが、MSMの態度が変わってきていることを感じています。

https://www.msnbc.com/stephanie-ruhle/watch/nyt-bill-gates-repeatedly-met-with-jeffrey-epstein-71282245775
”ニューヨーク・タイムズ紙の記事によると、ビルゲイツとエプスタインとの間で数多くの会議が行われたこと、ビル&メリンダ・ゲイツ財団との会話、彼らの財団とJPモルガンとの間でエプスタインに金銭的な利益をもたらす慈善基金を設立するための関係があったことなどが紹介されています ”
これはアメリカ人であればほとんどの市民にしれ渡ったニュースということです。日本と違ってワクチンを拒否する人もアメリカでは多いので、WHOに多額の拠出金をだしているビルゲイツ財団への目は厳しいものになっているということだと思われます。
この温度を日本人も感じなければいけません!今朝は沖縄久高島でも優先的に打つなどというTBSの暴挙ニュースを見たのでかなり焦ってきました。
※挿入終わり

コロナワクチン。とりわけmRNA(遺伝子組み換え可能ワクチン)めちゃくちゃ恐ろしいです。
(※上記リンクは黄金の金玉ブログ経由の、米国ウイスコンシン医科大学名誉教授、総合医療クリニック徳院長。高橋徳氏による名解説です。)
今日本国は人体実験場と化しています。このポリオワクチンや子宮頸がんワクチンの二の舞にならないように、日本人が学習能力があるか、試されています。

WHO指示、厚生労働省と河野ワクチン大臣主導のもと刻々とワクチン接種推進の波がここ川崎に押し寄せています。
私の住む川崎市幸区は先人切ってモルモット特区がごとく集団接種会場モデルケース第一号としてTVで取り上げられていました。
医療従事者の接種第一号は隣の中原区の労災病院でした。※副院長が腕が筋肉痛だけど大丈夫と言っていましたね。
アメリカでユタ州など4つ以上の州でマスク解除という大きな動きがある中、日本では相変わらずです。
その他、ワクチン接種したら、やれ赤十字で献血できない。保険はおりなくなるなど。とんでもない二枚舌が展開されてますが、スルーです。

今回の投稿は世界保健機関(WHO)も認めた、2000年から2017年の間に49万6千人の子供たちを麻痺させた壊滅的なワクチン系統のポリオの流行のためにゲイツのキャンペーンに対する国際逮捕状の原本と翻訳です。ビルゲイツは2010年のTEDで堂々と人口削減に対するスピーチをしておりますが、トランプ大統領になりWHOへの拠出金を蹴ってから、かなりそのワクチン啓蒙手法が強引になってきたと思います。日本のようなマスメディアが完全にDSに包囲されているような状態では、トランプ大統領のWHOやパリ協定の拒絶なども意思表示なども無力で、マスメディアに抵抗する手段を本気で考えないといけません。

私はそのマスメディアに対抗する方法は、街頭演説が一番有効だと考えています。
つまり「決まった時間に駅前に行けば正しい情報が得られる」というシステムの構築です
そのような状況なので、明日3/9(火)は恩師である大重潤一郎監督の命日なので
川崎警察に街頭演説の許可を出し(中三日で許可が降りると思いますので)来週3/15日より川崎駅東口エスカレータ下で啓蒙活動をはじめようと思います。

国際逮捕状の根拠

この国際的な逮捕状の根拠には、国際的な記録を捏造して一般市民に恐怖を煽り、デマのパンデミックと一般市民にガスを浴びせ、集団ヒステリーを引き起こし、共産主義者のプロパガンダをテレビの空道に撒き散らすことによって、世界中のすべての人々を独裁することによって自然法則に違反し、それによって人々の有形の身体に対する無形の権利を侵害する強制的な医学実験を行うことが含まれていますが、これらに限定されません。また、生物学的戦争は、ビル・ゲイツ、メリンダ・ゲイツ、ビル&メリンダ財団、その他の公知無名の人々によって広められた戦争犯罪であり、世界人権宣言(UDHR)と国際法の中の多数の条文の違反と同様に、戒厳令を扇動することによって武力紛争の法を違反することを含むものです。

  1. 2020年4月9日、#RobertFKennedyJrさんのインスタグラム投稿より。

#ビルゲイツにとってのワクチンは、戦略的慈善事業であり、彼の多くのワクチン関連ビジネス(グローバルなvac ID企業をコントロールしようとするマイクロソフトの野望を含む)を養い、世界の健康政策を独裁的にコントロールすることを可能にしています-企業ネオ帝国主義の槍先。

ゲイツのワクチンへの執着は、彼が技術で世界を救うために出家しているというメシア的な信念と、それ以下の人間の命を実験するという神のような意志によって煽られているように見える。

12億ドルでポリオ撲滅を約束したゲイツ氏は、インドの国家諮問委員会(NAB)を掌握し、5歳までのすべての子供に50本のポリオワクチン(5本から増量)を義務づけました。インドの医師たちは、2000年から2017年の間に49万6千人の子供たちを麻痺させた壊滅的なワクチン系統のポリオの流行のためにゲイツのキャンペーンを非難しています。2017年、インド政府はゲイツのワクチンレジメンをダイヤルバックし、ゲイツとその取り巻きをNABから追い出した。ポリオの麻痺率は急激に低下した。2017年、世界保健機関(WHO)は、世界的なポリオの爆発は、主にワクチン株、つまりゲイツのワクチンプログラムから来ていることを意味しているとしぶしぶ認めました。コンゴ、フィリピン、アフガニスタンでの最も恐ろしい伝染病は、すべてゲイツのワクチンに関連しています。2018年には、世界のポリオ患者の3/4がゲイツのワクチンによるものでした。

出典:https://www.fort-russ.com/2020/04/robert-f-kennedy-jr-exposes-bill-gates-vaccine-dictatorship- plan-cites-gates-twisted-messiah-complex/.

  1. 2010年2月に公開されたビル・ゲイツは、ワクチンを通じたテッド・トークで過疎化計画を約束しています。出典:https://www.youtube.com/watch?v=iMl0ty6evhU
  2. 2020年4月7日に、ビル・ゲイツは、大規模な公共の集会は、広範な予防接種が行われるまで再開されないと口述していますが、それは、完全な全体主義で平和的集会の権利を侵害し、共産主義のプロパガンダを永続させています。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=BEJllllHUkI

逮捕命令

アメリカ合衆国政府のための国民議会によって付与された権限によって、アメリカ合衆国内の連邦州の確立された境界線と海域内の平和を維持する目的で、ビル・ゲイツ、メリンダ・ゲイツ、ビル&メリンダ・ゲイツ財団に対して、拘束し、監禁し、暴力的な抵抗の場合には、死力を行使することをここに命じるものとする。

謝辞

私、アリス・セニセロスは、アメリカ合衆国の法律の下で虚偽の証人となった場合の罰則に基づき、私の現在の情報、知識、信念に基づいて、上記の段落が真実であり、正しいことを証明します。

【南米ペルーで連日報道】

Un Tribunal du Pérou accuse Bill Gates, Soros, Rockefeller et les "élites criminelles" d'avoir créé le Covid-19 - medias-presse.info
En Amérique du Sud, l'information fait grand bruit. De l'Argentine au Mexique, les journaux télévisés et la presse font tous état du jugement d'un tribunal péru...

コメント

タイトルとURLをコピーしました
Close Bitnami banner
Bitnami